今からでも遅くない!外資系コンサルタントとして働く方法

meeting-with-stats

外資系コンサルティングファームは仕事内容のみならず、収入面での魅力からも興味を持つ人が多い業界です。少数精鋭であることからハードルは高いものの、未経験で外資系コンサルへ転身を図る人もいます。

未経験でも外資系コンサルティングファームへの転職は可能

外資系コンサルティングファームへの転職者は、20代のうちはコンサル未経験者も数多くおり、総合商社や金融関連、メーカーをはじめ、広告代理店やIT企業といった多様な業界からコンサルへ転身しています。職種では、マーケティング関連や経営企画職が有利であり、業務の効率化を図った職務経験は評価されやすいです。学歴も重視される傾向もあり、MBAをランクの高い学校で取得すると評価のポイントになることもあります。

ただし、外資系コンサルの中でも、戦略系や総合系の大手コンサルティングファームは狭き門です。コンサルタント未経験の場合には、情報収集や資料の作成などにあたる、アナリストという職位からのスタートとなることもあるでしょう。

外資系コンサルには語学力が必要?

外資系と日系を比較すると、外資系コンサルの方が高い語学力が必要とは言い切れません。日本オフィスの独立性の高さや、グローバル展開の規模感など、会社によって違いがあります。たとえば、社内のデータベースが英語で管理されているなど、社内のシステムの枠組みが英語となっている場合、あるいは、海外のオフィスとの人事交流がある場合には、採用時に高い語学力が求められます。日本語が話せないクライアントの案件を担当するには、英語が不自由なく話せることが前提となります。

今後、グローバル案件が増えることが見込まれることから、語学力を身に付けておくことは、長い目で見ると不可欠でしょう。

求められるのは「問題解決能力」と「論理的思考力」

コンサルに求められるのは、問題解決能力と論理的思考力です。外資系コンサルの採用面接では、そうした能力を推し量るために、フェルミ推定やケーススタディが出されることがあります。フェルミ推定とは、「日本にある電柱の数は何本?」といったように、実際に調査が難しい事柄を論理的に説く問題です。ケーススタディは抽象的な設定をもとに、「B社の売上を3年で10倍にする方法」といった課題に対して、プレゼンするものです。

いずれにしても慣れていない人が解くことは難しいので、事前の対策が必要です。外資系コンサルに強い人材紹介会社を利用すると、キャリアアドバイザーから面接の対策方法についてのアドバイスを受けることができます。

外資系のコンサルタントはハードな仕事ですが、短期間で自分自身が成長できることが醍醐味とも捉えられます。コンサル未経験でも採用される可能性はありますので、興味のある人はチャレンジしてみましょう。

[他のキャリアアドバイスの記事はこちらから] 

 

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

キャリアアドバイス

Read more »

最新求人