転職先で陥りがちな落とし穴を避ける

white-female-on-tablet

キャリアの中で胸躍る瞬間のひとつは新しい仕事を始める時です。しかし、興奮だけではなくストレスや課題を伴うこともあります。実際に転職先へ出社する前に準備しておけば、問題を最小限に抑えてキャリアステップに集中できるでしょう。

想定外を想定する

転職後、最初の数週間はたいてい苦労するものです。ベテラン専門職でさえ、新しい同僚や新たなオフィス環境、新たな職務に慣れるのは時に大仕事です。面接官や転職コンサルタントから、新しい職場環境の様々な点を説明されていても、仕事の全てが完全に理想通りとはいきません。あらかじめ問題を想定することで、転職先への移行がはるかにスムーズに進むでしょう。

適応する準備をする

転職すれば人間関係や仕事の仕方が変わります。また使う言葉が変わることもあります。新しい手順を覚え、新しいシステムを把握し、馴染みない建物内を一人で歩けかなければいけない場合もあります。

忘れることを覚える

新しい職場でいいスタートを切るには、前の上司を忘れることです。前の上司はもっと直接やりとりをしたがり、気軽に連絡会議を開いていたかもしれませんが、新しい上司は優先順位も重点課題も違いますし、仕事のやり方も違うでしょう。日本的経営体質の企業から欧米的体質の企業、またはその逆に転職した場合、この違いが一層顕著に表れることもあります。

何が求められているか把握する

上司のコミュニケーションスタイルを把握し、どんな働き方や仕事の進め方を好むか見極めることが大切です。たとえば新しい上司は、1対1の会議とチーム会議のどちらを好むでしょうか? 全体像を知りたがるか、それとも細部にこだわりますか? 最初にこうした情報を掴めば、職場の人間関係を以後スムーズに進めるのに役立ちます。

分からないことは聞く

1日目から完璧に仕事をこなすことなど、誰も期待していません。どうすべきか迷った場合や、仕事のやり方が分からない場合は質問しましょう。日本の多くの企業が、英語を社内公用語に採用し始めています。誤解を防ぐため、言葉の問題があるなら遠慮せず尋ねましょう。まだ誰に質問すべきか教えてもらっていなければ、誰に聞くのが一番いいか知っておくと役に立ちます。

自分から動く

上司が求める働き方を知り適応するために、率先して打ち合わせを行います。そうすれば、自分に何が期待されているか理解し、明確な目標を設定できます。

新しい上司の下で働くことは大変ですがチャンスでもあります。経験から学べることは全て学び、上司の立場に立って考えるようにすれば、自分も上司も適応しやすくなります。円滑な人間関係を築けるかは2人の力量次第なので、上司があなたを管理するだけでなく、あなたが新しい上司を管理することも同じくらい重要です。

 

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。応募はこちら

キャリアアドバイス

Read more »

最新求人