ロバート・ウォルターズ・ジャパン、 ダイバーシティ推進NPO「GEWEL」初の支援企業に

gewel logo

ダイバーシティ推進活動の支援を通じ、女性の活躍サポートを一段と加速

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:デイビッド・スワン)は、ダイバーシティ&インクルージョンを推進するNPO法人「GEWEL(ジュエル)」(オフィス:東京都港区、代表理事:村松邦子)の活動に対し、寄付等を通じた支援を4月1日より開始いたします。ロバート・ウォルターズ・ジャパンはGEWELを支援する初めての企業となります。

ダイバーシティとは、性別、国籍、人種、宗教、性的指向や障害などにとらわれず様々なバックグラウンドの人材活用による多様性であり、インクルージョンはそうした多様な個性や価値観を尊重し受け入れることを指します。

弊社は、人材紹介会社として様々な業種へ管理職を含む女性人材の紹介を行っており、紹介人材の約半数が女性です。また、日本の少子高齢化による労働力の減少、日本企業の海外進出増といった背景も踏まえ、企業の成長には社員の英語力のみならず、ダイバーシティ(国籍・性別・障害などを含む多様性)を受け入れる企業文化や、女性の一段の活躍が不可欠であると考えており、多様な個性をもつ人材が活躍・成長する組織と社会の実現をビジョンとする「GELWEL」の活動方針に賛同し、支援を決定いたしました。

ロバート・ウォルターズ・ジャパン 代表取締役社長デイビッド・スワンのコメント:
「多様性は、ロバート・ウォルターズ・グループの成功を支える重要な理念です。多様性が職場環境を豊かにし、一層革新的で独創的な労働力を生みだすと信じています。クライアント企業の多様な人材の確保に対する取り組みを今後も支援することで、企業の競争力の向上と持続的な成功に貢献することを目指しています。弊社日本オフィスでも多様性を推進しており、28カ国出身の社員が在籍しているほか、女性社員比率は51%、管理職は31%(2016年3月現在)となっており、政府目標である女性管理職比率30%を達成しております。今後もGEWELへの支援を通し、働く女性の活躍サポートを一段と加速していきたいと考えています」


非営利特定法人GEWEL(ジュエル)について (http://www.gewel.org/)
日本の女性が、企業や組織で責任あるポジションに就き、世界的に活躍できるよう応援する組織作りを目指し2004年に設立。「Global Enhancement of Women's Executive Leadership」の頭文字を取った「GEWEL」という名前は、女性が宝石のように輝くための助力となりたいという思いが込められています。現在は、性別のみならず、国籍、年齢、文化等の違いなどによらない 多様な価値観や能力を認め合い、活かす組織・社会の実現に向け、 真のダイバーシティ&インクルージョン(D&I)リーダーシップの実践とその支援につながる様々な社会貢献活動を行っています。

 

こちらのニュースについてのお問い合わせ先

担当: 岩田貴子(広報)
TEL: 03-4570-1632 
E-mail: takako.iwata@robertwalters.co.jp

採用アドバイス

Read more »