立命館アジア太平洋大学の日本初、グローバル・ビジネス・ケース・コンペティションを支援

business men

バイリンガル人材に特化した人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:デイビッド・スワン)は、5月18日、立命館アジア太平洋大学(所在地:大分県別府市、学長:是永駿)の学生実行委員会が大学の協力のもと主催するグローバル・ビジネス・ケース・コンペティションに、スポンサーとして支援することを発表いたします。

同コンペティションは、「アウディ・ロバート・ウォルターズ・グローバル・ビジネス・ケース・コンペティション2015」という名称で6月9日~14日の6日間の日程で行われます。同大会は、世界のビジネススクールの学部生を対象とし、全て英語で実施されるビジネス・ケース・コンペティションとしては日本では前例のない大会となります。中国、香港、インドネシア、日本、フィリピン、ニュージーランド、シンガポール、タイ、米国の大学から15チームが参加し、与えられたビジネスケースに対し、一定の時間制限内に解決方法を考え出し、その内容を競います。

立命館アジア太平洋大学(APU)国際経営学部の大竹敏次学部長は、今回のイベント開催について、「グローバルカンパニーのご協力のもと、このような世界の学生と競うイベントを本学で実施できることに感謝申し上げます。本学の学生達にとって、最高の学びの機会となることでしょう」と期待感を示しました。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、文部科学省が創成したスーパーグローバル大学の一校として、グローバル人材の育成を推し進める同大学における取り組みを支援することで、将来のビジネスリーダーとなる学生の人材育成に寄与していきたいと考えております。

弊社社長のデイビッド・スワンは、「弊社の東京オフィスには、立命館アジア太平洋大学の卒業生10名が在籍しており、バイリンガル人材に特化した人材紹介会社として、グローバル精神を持つ若い世代のキャリア開発をサポートしている立場からも、同コンペティションを支援させて頂けることを大変光栄なことと考えております」と話しています。

弊社の社長が同コンペティションの開会式で基調講演をするほか、立命館アジア太平洋大学出身の弊社社員が同コンペティションの審査員として大分を訪れる予定です。詳細は特設ページからご覧になれます。


立命館アジア太平洋大学(APU)について:http://www.apu.ac.jp/home/

立命館アジア太平洋大学は、100余年の伝統と歴史を有する学校法人立命館が大分県別府市に2000年4月に設立した国際大学です。約80の国と地域から集まる留学生が学生の半数を占め、教員も約半数が外国籍という世界でも稀な多文化・多言語の学修環境において、学生達は民族・宗教・文化などの違いを越えて共に学び、相互に理解を深めています。


ロバート・ウォルターズとは?

ロバート・ウォルターズは1985年に英国ロンドンで設立されたスペシャリスト人材紹介会社です。世界24カ国の主要都市にオフィスを構え、日本に おいては2000年に東京オフィス、2007年に大阪オフィスを設立。今年で15年を迎え、主に外資系/日系グローバル企業におけるバイリンガル・スペ シャリストの転職において優れた信頼と実績を築いてきました。日本では正社員、派遣/契約社員のキャリアアップをサポートしております。詳しくはこちら

 

こちらのニュースについてのお問い合わせ先

担当: 岩田貴子(広報)
TEL: 03-4570-1632 
E-mail: takako.iwata@robertwalters.co.jp

採用アドバイス

Read more »