ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

面接での志望動機の答え方・作り方

 

 

転職活動の際、面接ではほとんどのケースで志望動機が聞かれます。そのため、「なぜその企業への転職を希望するのか」ということをしっかりと説明できるようにしておくことが大切です。志望動機は、履歴書で書ききれなかった自己アピールをするチャンスといえます。「なぜそう思ったのか」「なぜそう行動したのか」といった面接官の興味を引き起こし、「そこから質問されて話が広がる」というのが理想的な形です。

逆にいえば、面接官の興味を引き起こせないような志望動機では「どこの会社でも同じことを言っている」といった印象を与えてしまいます。面接官に興味を抱いてもらえるよう、具体的な経験に基づく志望動機をあらかじめ考えておきましょう。

面接での志望動機はどう作る?

面接での志望動機を考える際は、まず、今後自分がどうなりたいのか、という自分のキャリアプランを意識する必要があります。そのためには、まず応募先の企業がどういった企業なのかを確認するところから始めるとよいでしょう。その企業が属する業界全体のことも含めて、それが自分のキャリアプランにとってどのように魅力的であるのか、ということを考えていくことがポイントです。考える過程で企業研究はどうしても必要となりますが、企業研究をしてきたことは、そのまま面接時にアピールすることができるため、無駄がありません。

さらに踏み込んで、いざ採用されたら、実際の業務の中で自分が実現したいことについて考えておくのもよいでしょう。

これらを合わせると、「御社で働くことで、私が今後目指す〇〇をすることができ、〇〇のスキルをもっとのばすことができると考えております」といった具合になります。さらにここから、「私の〇〇を使って、御社の〇〇をさらにのばしていきたいです」とまで言えればなお良いでしょう。

履歴書の書き方解説(項目ごと)

履歴書の書き方を項目ごとに解説しています。

Share this:

面接ガイド 

履歴書の書き方 

求人情報はこちら 

Share this article

Related Solutions

Sign up for job alerts
Salary Survey
Career Advice
Global Get In Touch

Global Lorem IpsumLorem IpsumLorem IpsumLorem IpsumLorem IpsumLorem IpsumLorem Ipsum Lorem Ipsum

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。