採用動向レポート│サプライチェーン

Supply chain

同分野の採用担当者は2015年、技術的なスキルを持つ候補者のさらなる不足という課題に直面しました。品質保証・品質管理の領域においては、複数の企業からオファーを受ける求職者の数が増え、2016 年には人材プールがさらに減少するため昇給がさらに進む見通しです。また、派遣・契約社員についても、人材不足を受けて数年ぶりにある程度の昇給が見込まれます。

ヘルスケア業界で需給プランナーの需要が続いた一方で、石油・ガス業界は政府による助成金の影響を検証するなか、採用にはより慎重姿勢となりました。

大阪では、バイリンガルのサプライチェーンと調達のプロフェッショナルに対する需要が続く見通し。

製造業の業績回復が続くなか、特に中間管理職の需要が見込まれます。

>>採用動向レポート一覧へ

 

ロバート・ウォルターズにご相談ください

お電話またはこちらからご相談下さい。 経験豊富なキャリアコンサルタントが最適な人材を紹介します。

採用アドバイス

Read more »