67 Article(s) found

女性リーダーの育成について企業ができること

労働力人口の減少やダイバーシティの観点、政府が掲げる女性活躍推進などを背景に、女性リーダー(管理職)の育成に力を入れる企業が増えています。しかしながら、女性リーダーの数は増えてはいますが、男女比率五分五分には程遠いのが現状です。

女性、男性の育休取得率は採用競争力にも影響

少子高齢化による労働力人口減少のため人材不足が懸念され、企業は優秀な人材の確保に不安を感じています。働き方の多様化が進む昨今、企業は採用競争力を強化する必要があるでしょう。この記事では、育児休業の取得推進が採用戦略としても有効であることを解説します。

スタートアップ企業から学ぶこと

近年、会社員は「豊富な資金があり福利厚生も充実している大企業」よりも、スタートアップ企業に価値を見いだす人が多くなってきています。なぜ大企業よりもスタートアップ企業に魅力を感じるようになっているのでしょうか? この記事では「スタートアップ企業が人材を惹きつける特徴」を考察するとともに、確立した企業がスタートアップ企業の特徴を取り入れ、人材獲得競争に勝つ方法を提案いたします。

企業が考慮すべきカウンターオファーの注意点

少子高齢化による労働人口の減少と人材不足に注目が集まる昨今、企業として優秀な人材を確保したいと願うことは当然のことです。優秀な人材が転職を理由に離職を申し出た際に、カウンターオファーを行っている企業もあるようです。カウンターオファーの提示は企業にとって有効な手段といえるのかを検証したいと思います。

在宅勤務中の適切なコミュニケーション方法は?

働く「場所」がオフィスだけではないということがわかった今、時間も場所も柔軟に対応できるような「新しい働き方」を模索していく必要があります。従業員の在宅勤務中の生産性については不安視する声も多いのではないでしょうか。そこで、どのようにすれば、生産性を保つことができるかをコミュニケーション方法に着眼点をあて考えてみました。

ハイブリッド勤務に効果的なチームワークを築く方法

コロナ禍で急速に普及した在宅勤務やリモートワーク。アフターコロナの時代には週2・3回の在宅勤務オプションを残し、出社とリモートを組み合わせた「ハイブリット勤務」が主流になるものと考えられています。約2年に及ぶリモートワークから学んだメリット、デメリットをもとに、ハイブリッド勤務で効果を発揮するチームワークを築くために明日からでも講じられる施策を紹介します。

「ハイブリッド型」勤務で押さえておきたい燃え尽き症候群への対応とは?

アフターコロナの働き方としての定着も考えられるハイブリッド型の勤務では、オン・オフの切り替えの難しさなどから、ワークライフバランスへの懸念が度々取り上げられています。この記事では、ハイブリット型または在宅勤務の下でも社員が私生活と仕事の調和を保ち、やりがいと充実感を持って仕事に向き合うための施策をご紹介します。

コロナ禍を経て考える、オフィスの価値

新型コロナの影響で、オフィスの価値も変化しています。テレワークにより、チームメンバーと対面でのコミュニケーションがしにくくなった結果、業務に支障をきたしていると感じている人も多いようです。この記事では、出社の意義を改めて整理し、オフィスの価値を向上させるヒントをまとめました。

真のダイバーシティ&インクルージョンを実現した組織の強みとは?

近年、ダイバーシティ&インクルージョンという人材の多様性(=ダイバーシティ)を認め、受け入れて活かすこと(=インクルージョン)を重視する企業が増えております。本記事では、ダイバーシティ&インクルージョンの本質に迫り、どのように実現していくべきかをまとめました。