ソフトスキルの重要性と身につけるメリット

ソフトスキルの重要性と身につけるメリット

外資系求人に応募するとき、仕事を円滑に進められるスキルを持っていると有利になります。スキルといっても多くの種類があるので、特に重宝されるものを把握しておくと良いでしょう。そのような重要なスキルなのに見過ごされがちなのがソフトスキルと呼ばれるものです。そこで今回は、ソフトスキルの重要性やメリットについて解説します。

ソフトスキルとは?

ソフトスキルとは、コミュニケーション能力やリーダーシップ、ファシリテーションスキルのように評価の尺度を明確に定義しづらいスキルのことです。非常に幅が広いのが特徴で、ビジネスマナーのように全社員が共通して持つべきスキルもあれば、管理職の仕事で多用されるスキルなどもあります。

たとえば折衝能力や管理能力などは、円滑なマネージメントを行う上で欠かせません。現在ではグローバル化が進んでいることから、刻々と変わっていくビジネスシーンで勝ち残るためにソフトスキルの必要性が高まっています。ソフトスキルは経験しながら向上させていくことが基本であるため、一朝一夕で習得できるケースは多くありません。長期的な視点を持って、社会生活や組織の中で育んでいく必要があります。

最低限理解しておきたいソフトスキルとハードスキルの違いとは?

ソフトスキルを正確に把握するには、ハードスキルとの違いを知っておくのが望ましいです。

ハードスキルとは、客観的な評価や識別が可能なスキルを指します。体系化されているものが多く、資格や検定などによって習得していることを確認できるものが代表的です。プログラミングやデザインなど成果が視覚的に分かるスキルも該当しますし、仕事を行うために必要なマーケティングや会計、財務などの専門知識も含まれています。この他にも、業務の作業手順や大学の単位なども客観的に確認できるので、ハードスキルに該当すると考えられます。このようなハードスキルは自然と身に付くものではありません。明確な目的意識を持って、努力し学習することによって習得するのが一般的です。

ソフトスキルの重要性とメリット

ハードスキルは習得済みであることを証明しやすいので、転職や就職するときにも有利と考えられています。たしかに個人の力としては重要なものですが、組織で活躍することを考えると、コミュニケーション能力やリーダーシップをはじめとしたソフトスキルも非常に重要といえます。外資系企業もそれが分かっているので、面接では「この状況にあなたが陥った場合どう解決しますか?」などソフトスキルに関する質問も問われます。

外資系企業への求人に応募するつもりであれば、どちらかに偏るのではなく両方のスキルを磨いておいた方が良いでしょう。特に管理職のポストに転職するのであれば、ソフトスキルが重視されるので積極的に身に付けておくと有利になります。ソフトスキルは書籍などでもある程度は学べますが、実際に仕事に生かすのは簡単ではありません。上長や先輩にアドバイスをもらうなど、実践の中で身に付けていく意識を持つことが大切です。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

転職アドバイス記事

Read more »

求人情報はこちら 

Read more »

面接ガイド 

Read more »

履歴書の書き方 

Read more »

まずはキャリア相談 

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人