日本オフィスの環境は?

ロバート・ウォルターズ・ジャパンとは?

英国ロンドンで設立されたスペシャリスト人材紹介会社、ロバート・ウォルターズの日本支社であるロバート・ウォルターズ・ジャパンは、主に外資系企業と日系グローバル企業におけるバイリンガルの転職・採用支援において、15年以上にわたり信頼と実績を築いてきました。

2000年に東京オフィス、2007年に大阪オフィスを設立し、正社員だけではなく、派遣社員、契約社員にも対応しております。世界有数のグローバル企業をはじめ、ベンチャー企業や中小企業に至るまで、幅広い企業の求人を取り扱っており、専門分野は多岐に渡ります。

日本でのビジネスは成長を続けており、売上は3年連続で二桁増、社員数も200名を超え、なお増え続けています。

2015年に『リクルートメントインターナショナルアジアアワード』にて「最優秀インターナショナル・リクルートメント企業」、2011年に 『British Business Awards 2011』式典にて「Company of the Year(最優秀企業)」を受賞するなど、国内でも数々の大きな賞を受賞しており[受賞歴]、数多くのメディアにも取り上げられております。[メディア掲載一覧]

ロバート・ウォルターズ・ジャパンのオフィス環境

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは職場での多様性(ダイバーシティ)を大切にしている企業です。東京オフィスには25カ国以上の人たちが働いており、とてもインターナショナルな環境です。女性の管理職も約3割と多く、さまざまな人たちが活躍しております。[多様性と平等性に対するポリシー]

社内の共通言語は英語となり、メールや会議など、ほとんどのコミュニケーションは英語でおこなわれます。完全な成果主義となっており、年齢、性別、職歴などは関係なく、結果をもとに平等に評価される環境です。

社員への還元

全力で働く社員への還元も忘れていません。オフィスでは水、コーヒー、ティーなどはもちろん、健康サポートのため新鮮なフルーツも用意しております。

昼休みのフレックス制度も取り入れており、朝1時間早く出社する、または夜1時間遅く退社することを条件に昼休みを1時間通常よりも長く取ることができます。使い方は自由で、ジムに通う人、マッサージに行く人、勉強をする人、美容院に行く人、など様々です。

業績が優秀な社員は、高額の給与やボーナスを得る機会があるだけでなく、高級レストランでの食事や豪華な報奨旅行も用意されます。

社内コミュニケーション

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、社内のコミュニケーションも大事にしており、毎年おこなわれる、花見、クリスマスパーティー、ファミリーデーでは多くの社員が一緒に楽しみながら、コミュニケーションを深めています。

毎週金曜日におこなわれるフライデードリンクも社内コミュニケーションを円滑にし、楽しみながら普段関わる機会の少ない他部署の人たちとのコミュニケーションが取れるイベントの一つです。ソフトドリンクも用意されておりますので、お酒を飲まない人も数多く参加しています。

社会貢献を大切にするカルチャー

ロバート・ウォルターズ・ジャパンはCSR活動にも積極的に参加しております。毎年おこなわれるロバート・ウォルターズ・グローバル・チャリティデーではグループ全体で1000万円以上の寄付金を集め世界の数々の団体へ寄付をしました。

社員にはボランティア休暇も付与しており、自分が貢献したい活動へ参加することもサポートしております。

この他、ラグビー日本代表のオフィシャルスポンサー、国立新美術館の支援など、スポンサー活動を通じた日本社会への貢献にも力を入れております。[スポンサーシップ一覧]

 

キャリアコンサルタントとして働いてみませんか?

外資系大手人材紹介会社、ロバート・ウォルターズの一員として働くことに、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。弊社求人情報はこちら

Tel: (03) 4570 1500
Email: lucy.crew@robertwalters.co.jp (日本語メール可)

採用担当:
Lucy Crew (ルーシー・クルー) 
Talent Acquisition Manager

弊社求人詳細

Read more »

最新求人