Skypeでの面接を成功させるための6つのヒント

green abstruct

最近はリモートでの面接も頻繁に行われるようになっており、オンラインでスムーズに面接へ参加できることも重要になってきております。

世界の主要企業の採用責任者はWeb面接で適切にふるまうことの重要性も強調しており、同時にWebでの面接にスムーズに参加するための重要なヒントも提供しております。

あらゆる面接において、準備は重要ですが、Skypeでの面接には通常と多少異なるアプローチが必要となる場合があります。

 

1.プロフェッショナルな服装を心がける

対面式の面接と同じプロフェッショナルな服装で臨んでください。これによりあなた自身が緊張感を持って面接に参加することができ、カメラの前で立ち上がったり、動いたりしなければならない場合も、恥ずかしい思いをすることがありません。通常、濃い色の服装がベストです。真っ白な服装や明るすぎる柄の服装は避けてください。

2.相手に集中する

画面上に写る自分の姿ではなく、カメラを見ることで、相手から面接に集中しているように見えます。姿勢よく、カメラに向かって多少前傾することで、アイコンタクトが増え、面接担当者があなたの表情をよりはっきりと確認できます。

3.周りの環境を準備する

面接に臨むスペースに無駄なものがなく、面接にふさわしい環境であるように準備してください。何もないか、落ち着いた背景がベストです。面接前に、照明の角度を調整して自分に影がかからないようにし、車の音、電話の音、人の話し声といった雑音を最小限に抑えられる部屋で面接に臨んでください。

4.メモに頼らない

Skypeでの面接でメモを用意しておくと非常に便利ではありますが、メモの使用は最小限に抑えてください。メモを読んだり、準備したことをそのまま話したりすると、自然な会話の流れが止まり、あなた自身が面接に望む準備できていないように見えます。

5.技術的な問題に備える

ネットワークの接続が弱かったり、途切れたりするなどの技術的な問題が発生した場合は、面接担当者に質問を繰り返してもらえるよう頼んでください。問題が解消しない場合は、そのことを丁寧に伝え、重要な情報を逃すことのないようネットワークに再接続してもらうよう相手に依頼します。また、自分の話し声のスピードとトーンをチェックすることで、回線を通じて伝わる声の遅れに対応することができます。面接の前に機材をテストしておく必要があります。

6.適切に面接を締めくくる

対面式の面接と同様に、最後に自分の強調したいポイントをまとめ、面接担当者に感謝を述べ、次のステップについて確認する必要があります。

Skypeでの面接は日程に余裕がない場合もすぐに話をすることができるため、この面接方法は対面式の一次面接に代わって頻繁に行われるようになっています。

その他の検討すべきポイントとしては、以下があります。

  • ユーザー名とプロフィール写真: 第一印象のためにはこれが重要です。あなた自身がプロフェッショナルに見えるようなユーザー名と写真を使用しましょう。
  • ボディーランゲージ: Webカメラを調節して、面接担当者があなたの頭と肩を見ることができるようにしてください。可能な場合は、机の後ろに座ることで、対面式の面接のような環境を作り出す必要があります。
  • 面接が中断することのないようにする: 周りにいる人に面接に参加することを通知して、面接が中断することのないようにしてください。
  • 資料: 印刷した紙の履歴書に加え、その他の必要となる文書を手元に準備しておいてください。面接担当者に資料を共有しなければならない場合に備えて、Eメールを立ち上げておくことも有効です。
  • ヘッドフォン: ヘッドフォンを使用したほうが、通常スピーカーを使用するよりも音声が明瞭で、はっきりと声が聞こえます。ヘッドフォンを使用する場合は、面接担当者の気が散らないよう、目立たないヘッドフォンを使用してください。

ロバート・ウォルターズの面接ガイドを参考に、面接担当者が質問する内容に備えましょう。

[他のキャリアアドバイスの記事はこちらから] 


あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

採用アドバイス

Read more »

最新求人