Skype面接(WEB面接)を成功させる6つのポイント

green abstruct

最近はリモートでの面接も頻繁に行われるようになっており、オンラインでスムーズにWEB面接へ参加できることも重要になってきております。

世界の主要企業の採用責任者はWeb面接で適切にふるまうことの重要性も強調しており、同時にWebでの面接にスムーズに参加するための重要なヒントも提供しております。

あらゆる面接において、準備は重要ですが、Skypeでの面接には通常と多少異なるアプローチが必要となる場合があります。

WEB面接で使われるシステム「Skype」とは?

Skypeはインターネットを使用し、パソコンやスマートフォンのカメラを使ってテレビ電話をすることができるソフトです。スマホでも使用することが可能で、世界中の人と無料でテレビ電話をすることができます。もちろんカメラを使わなくても無料で電話することができ、テキストメッセージやファイルの送受信も可能です。

オンライン英会話などではSkypeを使ってレッスンをする会社も存在します。

無料でテレビ電話をすることができるため、面接でも使用されるようになってきています。企業からSkype面接でお願いしますといわれても、まずはアカウントを取得し、面接当日はあせらないように以下のポイントをチェックしSkype面接に望みましょう。

Skype面接を受ける前に

Skype ID(スカイプID)を準備しましょう。面接の場合、スカイプ名は自分自身の名前等適切なものにしておきましょう。当日にSkypeに登録し、気持ちの整理がつかないまま面接に望むということはないようにしましょう。

Skypeを起動した途端アップデートが始まり面接予定時間にログインできなかったということがないよう、前日には一度Skypeを起動するようにしましょう。

Skype面接はPCを使う

Skype面接にはPCを使いましょう。PCにカメラがあるか、きちんと動作するのか確認しておきましょう。もし自分のPCにカメラ機能がついていない場合も事前に採用企業に連絡をし、スマホのカメラを使用する、もしくはカメラなしで面接に望んでも問題ないかの確認をしましょう。スマホのカメラを使用する場合、面接中にスマホを手で持ちながら面接することがないよう、スマホを固定するものを準備しておきましょう。

Skype面接を受けるにあたって

Skypeには10分前にはログインしておく

面接開始時間にログインすると、すでに企業の担当がログインしていることがあります。

面接時間に遅刻とも捉えられないため、なるべくSkypeは面接時間の10分前、遅くとも5分前にはログイン状態にしておきましょう。

Skype面接と通常の面接の違い

Skype面接と通常の面接の一番の違いはカメラを使っているとはいえ、相手の反応や声が通常の面接よりもわかりにくいことです。

通常の面接では反応がいいエピソードもSkypeを通じて行うことでうまく伝わらず、反応が悪くなってしまうことがあります。

英語で海外の方とSkype面接をするときの注意

英語で且つ海外の方とSkype面接をする際には、会話の音声が届くまでのスピードが遅くなったり、また音声がどうしても聞き取りにくくなります。大きな声ではっきりと話すようにしましょう。

もちろん聞き取れない場合は臆せず聞き取れなかったと先方に伝えもう一度話してもらうようにしましょう。

1.WEB面接を受ける際の服装はプロフェッショナル(面接と同じ)を心がける

対面式の面接と同じプロフェッショナルな服装で臨んでください。男性であれば上下スーツ、白いワイシャツ、ネクタイもきちんと締めましょう。女性はジャケットを着用し、面接にふさわしい格好で望むのがいいでしょう。

これによりあなた自身が緊張感を持って面接に参加することができ、カメラの前で立ち上がったり、動いたりしなければならない場合も、恥ずかしい思いをすることがありません。通常、濃い色の服装がベストです。真っ白な服装や明るすぎる柄の服装は避けてください。

2.相手に集中する

面接が開始すると対面式と同じように面接が進んでいきますが、挨拶が終わった後、まずはお互いにマイク及びカメラのチェックから行われます。はじめてSkypeを使う人は事前にSkypeのカメラチェック、マイクチェックを済ませておきましょう。

画面上に写る自分の姿ではなく、カメラを見ることで、相手から面接に集中しているように見えます。姿勢よく、カメラに向かって多少前傾することで、アイコンタクトが増え、面接担当者があなたの表情をよりはっきりと確認できます。

逆に目線を外すと集中して話を聞いていないように見えてしまうため、相槌をうつ、うなづくなど印象を悪化させないようにしましょう。

3.周りの環境(WEB面接を行う場所)を準備する

面接に臨むスペースに無駄なものがなく、面接にふさわしい環境であるように準備してください。何もないか、落ち着いた背景がベストです。面接前に、照明の角度を調整して自分に影がかからないようにし、車の音、電話の音、人の話し声といった雑音を最小限に抑えられる部屋で面接に臨んでください。

またやむを得ず周りに人がいる場合は、面接に参加することを通知して、面接が中断することのないようにしてください。

4.メモに頼らない・履歴書は必ず手元に置く・共有したいものは準備する

Skypeでの面接でメモを用意しておくと非常に便利ではありますが、メモの使用は最小限に抑えてください。メモを読んだり、準備したことをそのまま話したりすると、自然な会話の流れが止まり、あなた自身が面接に望む準備できていないように見えます。
フレーズを準備しておき、最後に話し忘れがないか確認する程度にしておきましょう。あまりにもメモが多いと紙の音が相手に伝わった場合に心象が悪くなってしまう恐れがあります。

印刷した紙の履歴書に加え、その他の必要となる文書を手元に準備しておいてください。面接担当者に資料を共有しなければならない場合に備えて、Eメールを立ち上げておくことも有効です。

また受ける企業のウェブサイトやSNS、自分のキャリアを説明する上で共有したいものがある場合、稀にではありますが、Skypeのチャット機能で共有をすることもありますので、準備をしておきましょう。

5.技術的な問題に備える

インターネット環境がSkype面接に耐えられるのか確認をしてください。スマートフォンの使用、テザリングでのSkype面接は止まってしまうことがありますので、Skype面接では推奨できません。面接途中でSkypeが止まってしまうことがないようにあらかじめ準備をしておきましょう。

インターネットの接続が弱かったり、途切れたりするなどの技術的な問題が発生した場合は、面接担当者に質問を繰り返してもらえるよう頼んでください。
問題が解消しない場合は、そのことを丁寧に伝え、重要な情報を逃すことのないようネットワークに再接続してもらうよう相手に依頼します。また、自分の話し声のスピードとトーンをチェックすることで、回線を通じて伝わる声の遅れに対応することができます。面接の前に機材をテストしておく必要があります。

6.適切に面談を締めくくる

対面式の面接と同様に、最後に自分の強調したいポイントをまとめ、面接担当者に感謝を述べ、次のステップについて確認しましょう。

また最後通話を切るまでが面接ですので、最後まで気を抜かないようにしましょう。

Skypeでの面接は日程に余裕がない場合もすぐに話をすることができるため、この面接方法は対面式の一次面接に代わって頻繁に行われるようになっています。

その他のSkype面接で意識したいマナー

スカイプ名とプロフィール写真

第一印象のためにはこれが重要です。あなた自身がプロフェッショナルに見えるようなスカイプ名と写真を使用しましょう。
スカイプ名はキャラクター名などにせず、自身だとわかるようなものに変更しましょう。プロフィール写真についても自分の写真を使用するなど面接用にカスタマイズをしましょう。

ボディーランゲージ

Webカメラを調節して、面接担当者があなたの頭と肩を見ることができるようにしてください。可能な場合は、机の後ろに座ることで、対面式の面接のような環境を作り出す必要があります。

ヘッドフォン

ヘッドフォンを使用したほうが、通常スピーカーを使用するよりも音声が明瞭で、はっきりと声が聞こえます。ヘッドフォンを使用する場合は、面接担当者の気が散らないよう、目立たないヘッドフォンを使用してください。

ロバート・ウォルターズの面接ガイドを参考に、面接担当者が質問する内容に備えましょう。

[他の転職アドバイスの記事はこちらから] 


あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

転職アドバイス

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人