転職アドバイス

『転職アドバイス』を掲載しております。英語の履歴書、職務経歴書の書き方、面接での立ち振る舞いなど実践的なアドバイス。ストレス対処法、キャリアプランの書き方、市場価値を高める方法などキャリアアップに役立つアドバイス。働き方改革のまとめなど最新のトピックに合わせた転職アドバイスも掲載しております。転職活動の際にお役立てください。

転職アドバイスはいくつかのカテゴリにわかれていますので、あてはまるものを選んでください。

転職アドバイス給与アドバイス職務経歴書アドバイス面接アドバイス / 外資系転職アドバイス

149 Article(s) found

転職面接での忘れがちな基本のマナーとは?

転職面接になると面接のマナーを忘れてしまい、マイナスイメージを与えてしまうことがあります。面接で好印象を与えるために押えるマナーを解説します。
man-handshake

面接での志望動機の作り方

面接での志望動機を考える際は、今後自分がどうなりたいのか、という自分のキャリアプランを意識する必要があります。そのためにまず応募先の企業研究をするところから始めるとよいでしょう。その企業が属する業界全体のことも含めて、それが自分のキャリアプランにとってどのように魅力的であるのか、を考えていくことがポイントです。

退職の挨拶のポイントは?スピーチ・メールのマナーを紹介

転職などの理由で、会社を辞めるときには「退職の挨拶」が非常に重要です。退職挨拶メールや退職挨拶のスピーチは何を伝えればいいか、実際のスピーチの例文や社外・社内向け退職挨拶メールをもとに解説します。

履歴書に貼る写真のサイズ・服装・撮影場所は?

履歴書の写真は第一印象を決める重要な要素です。履歴書に写真を貼る場合、どのようなルールを守ればいいのでしょうか?意外と迷ってしまうサイズや写真を撮影する際の服装、撮影場所についてまとめました。
signing-new-contracts

履歴書の本人希望欄はどう書く?

履歴書の「本人希望欄」にはどのようなことを記載すれば良いのか、多くの転職者が悩むでしょう。本人希望欄には、基本的に「帰社の規定に従います」と記載します。たとえば、希望することが何もない場合でも、「特になし」や空欄で提出することなどは控えるようにしましょう。

ステークホルダーの正しい意味とビジネスでの使われ方

ビジネシーンでよく使われる「ステークホルダー」というワードをご存知でしょうか。「ステークホルダー」とは、英語の「stakeholder」から由来する言葉で、「利害関係者」という意味があります。今回は、ステークホルダーの意味、またはステークホルダーというフレーズが用いられる実際のシチュエーションをいくつか紹介していきます。
young-businesswomen-discussing-over-sticky-notes

スキームとはどういう意味?

ビジネスの場で使われる「スキーム」という言葉。今回は「スキーム」という言葉の正式な意味、そして適切な使い方を具体的なシチュエーションを例に挙げながら紹介していきます。
541113536

転職面接で押さえておく質問と回答例

転職の面接で必ずと言っていいほど聞かれることがあります。多少の違いはあっても、面接官の意図は同じです。転職エージェントの視点から回答のコツを解説します。

コンセンサスの正しい意味、正しい使い方は?

ビジネスシーンにおいて「コンセンサス」という単語が出てくることがあります。「コンセンサスとっておいてください」といった具合に使われますが、具体的にコンセンサスとはどういったことを指し、どのような時に使われるのでしょうか?