ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

会社員が望む働き方「週3日」&「従来の時間帯」

グローバル人材の転職を支援する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ジェレミー・サンプソン)は8月17日、国内で働く会社員を対象に実施した「アフターコロナ時代の新しい働き方意識調査」の結果を発表しました。

7月27日からの1週間に実施したこの調査には、首都圏、関西圏を中心に国内で働く会社員666人が回答を寄せました。

最も多くの会社員が望むテレワーク頻度は「週3日」。「オフィスで毎日働きたい」会社員は3%のみ

コロナ感染対策の在宅勤務を経験した会社員666人に、アフターコロナ時代の働き方として議論される「テレワークの頻度」への希望を聞いたところ、最も多かった「週3日」(32%)に次いで24%が「毎日テレワークしたい」と答えました。

特に40代では約3人に1人が「毎日テレワーク」を希望していることがわかりました。反対に、従来通り「オフィスで毎日働く」ことを希望したのは全体のわずか3%に留まりました。テレワークを希望するのは若い世代だけでなく、ビジネスの中核を担い、労働力の中心にある40代、50代もコロナ後の新しい時代にはテレワークを織り交ぜた働き方を望んでいることが分かりました。

働きたい時間帯:20時・21時までなど「遅い時間帯」人気なし

会社員の82%がコロナ終息後も「勤務時間帯の柔軟性が欲しい」と回答。コロナ前からフレックスタイム制があったと答えた16%を除くと、新しい時代にも「決められた時間帯に働きたい」と考えている会社員はわずか2%に留まりました。

理想の勤務時間帯については、年齢・職種などに隔てなく9-18時(38%)、8-17時(31%)での勤務を希望する人が大半を占めました。11-20時、12-21時といった、かつての残業を思わせる「夜遅くまで働く」時間帯を希望する人はそれぞれ2%未満と、その支持はゼロに近いことも分かりました。

業界別に詳しくみると、消費財・小売業とIT業界では従来の通勤コアタイムより少し遅めの10-19時(27%、23%)、反対に製造業では7-16時(14%)という従来よりも早い時間帯での勤務を望んでいる会社員が一定数います。

テレワークで都市圏外・海外在住のスキル人材活用にも期待感

今回の調査結果を受けて、ロバート・ウォルターズ・ジャパン代表取締役社長のジェレミー・サンプソンは次のようにコメントしています。「欧米などの諸外国に比べて長時間残業や有給取得率の低さが課題となってきた日本でも、コロナ禍がワークライフバランスに向き合うきっかけとなっています。仕事でも生産性・効率性を重要視する動きが広がっています。週3日の出社を意見交換やコラボレーション作業に充てて結束力やイノベーションを追求し、残りの2日は集中力を要す個人作業に充てるなど、出社・在宅作業の意図を持つことが大切になるでしょう。

また、対応の早い企業では、テレワークやフレックスタイムといった柔軟な働き方を優秀な人材を競り勝つ上での武器として、リモート面接・リモートオンボーディングのメソッドを使いこなしながら即戦力人材の採用活動を進めています。柔軟性がさらに充実すればテレワークを前提に都市圏外
や時差の少ない海外に在住の優秀な人材を採用し、スキル・労働力をリモートで活用できれば、国内の長期的な労働力不足解消への貢献にも期待ができます。」

(調査期間:2020年7月27日~8月3日、対象:弊社に登録のある日本在住の会社員 n=666人)

 

 

 

この調査のプレスリリース(PDF)

シェアする

関連コンテンツ

ロバート・ウォルターズについて
給与調査
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

テレワークでの実感:ワークライフバランス向上。「仕事の質・成果」に変化なし

グローバル人材の転職を支援する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ジェレミー・サンプソン)は8月24日、国内で働く会社員を対象に実施した「アフターコロナ時代の新しい働き方意識調査」の結果を発表しました。 7月27日からの1週間に実施したこの調査には、首都圏、関西圏を中心に国内で働く会社員666人が回答を寄せました。 テレワークでの実感:ワークライフバランス向上。「仕事の質・成果」に変化なし コロナ感染対策の在宅勤務を経験した会社員666人に、テレワークなど働く場所・時間に縛られない働き方を経験しての実感を聞いたところ、83%が「ワークラ

もっと読む

転職・採用が持続可能な社会の実現にもつながる取り組み 一人が転職を成功させるたびに1,000円を寄付するプロジェクトを始動

グローバル人材の転職を支援する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ジェレミー・サンプソン)は、2021年11月1日(月)より、当社を通じて一人が転職を成功させるたびに1,000円を持続可能な社会の実現を支援する団体に寄付する取り組みを始めます。 ロバート・ウォルターズにとって「サステナビリティ」(持続可能性)は、会社立ち上げ当初から深く根付いてきた基本理念です。「自らの可能性を諦めない人々に力を」という企業理念のもとに、私たちは人材紹介のいちリーダー企業として、優秀な人材を求める企業、転職を望むプロフェッショナル、当社の従業員の可能性を

もっと読む

昨年より在宅勤務の生産性が大幅にアップ。生産性低下の要因「コミュニケーション」・「集中力」に変化なし

グローバル人材の転職を支援する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ジェレミー・サンプソン)は、2021年10月に「在宅勤務での生産性」アンケート調査を実施しました。2020年4月に実施したアンケート結果とも比較し、発表致します。 コロナ禍での生活が1年半以上経過し、在宅勤務が続く中、オフィス勤務と同等の生産性の維持・向上が課題になっています。 在宅勤務の会社員、半数が生産性アップを実感 新型コロナウィルス感染拡大防止対策で在宅勤務継続中の245人に、普段のオフィス勤務に比べて自らの生産性に変化があるかを聞いたところ、「生産性が上がった」

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。