営業担当者に求められる最も重要なスキル

business-man-woman

この数年で営業職の市場は変貌を遂げており、企業はこれまでとは異なるスキルセットを求めています。企業が必要なのは、コンサルティングと戦略の視点に基づいて営業活動を行える担当者です。

現在の市場で新たな営業職の仕事を獲得するために必要なスキルについて確認しましょう。

コンサルティング・セールスのアプローチ

企業は、顧客のパートナーとして業務を行い、必要なタイミングで必要なソリューションを提供できる人材を求めています。コストが厳密に検証される市場では、従来のようにやみくもに強引な営業活動を行っても効果的な業務を行うことはできません。

ビジネスを的確に理解する

同様の理由から、企業はより幅広いビジネス上の意思決定(予算の削減など)に対応できる柔軟性のある営業担当者を求めています。ここで重要になるのがビジネスを的確に理解する能力です。この能力があれば、個別の状況に応じて営業活動を調整することができます。

常に目標を上回る実績を残す

営業職の市場は競争が激しいため、職を獲得するにはパフォーマンスの高い人材である必要があります。これまでにも増して、自分の目標を上回る実績を達成し、企業に大きなビジネスをもたらしてきた実績を持つ必要があります。

ネットワーキングを行い関係を構築する

ネットワーキングの能力は日々の業務では優先されないものの、営業担当者にとっては重要な意味を持ちます。必要になった場合や新たなチャンスが生まれた場合にさまざまな繋がりを活用できるように、ネットワーキング(社内外の関係を含む)を事前に構築しておく必要があります。企業にもたらすことができる価値があれば、企業は有能な営業担当者を確保するために柔軟な給与の設定を行でしょう。

[他のキャリアアドバイスの記事はこちらから] 

 

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

キャリアアドバイス

Read more »

最新求人