自己PRの書き方:履歴書・職務経歴書で使える

履歴書・職務経歴書で使える自己PRの書き方

転職活動において大事な要素となるのが履歴書や職務経歴書です。一番最初の関門である書類選考から最終面接まで使われます。これらの書類は、そのできによって内定の合否がはっきりと決まるわけではないですが、しっかりと作成すれば企業側に良い印象を与えることができます。

履歴書・職務経歴書は入社希望の企業に向けての自身をアピールする重要なアイテムであるといえるでしょう。履歴書・職務経歴書には、記入しなければならないさまざまな項目があり、そのなかで重要なのが自己PRの項目です。新卒の就職活動の際には、大学でのサークル活動や参加ゼミなどについて記入しましたが、転職活動ではどのようなことを自己PRとして書けばいいのでしょうか。今回は、転職活動における自己PRの書き方などについて解説します。

自己PRはなぜ必要?

履歴書・職務経歴書における自己PRの項目は、文字通り自分がどういった人間であるかをアピールするためのものです。「自身の得意分野はなにか」「会社ではどのようなことができるか」を自己PRでアピールすることができます。自分のアピールを文書化して、自身の熱意をしっかりと伝えることができる大事な項目が自己PRなのです。自分が転職活動をしている人でなく、人事の面接担当になった場合のことを考えた場合、自己PRの存在がいかに重要であるかが理解できます。

転職の場合、スキルが同じ場合に候補者の差別化ができる項目

転職希望者で同じような職歴、スキルを持っている人が2名いた場合、自己PRの項目で熱意のある記述をしている人のほうが、好感度は良いはずです。自己PRは、自身の職歴や所有資格以外で、他の転職希望者との差別化を図ることができる項目といえます。

自己PRの構成

自己PRは要点を押さえて短く簡潔に

自己PRは、自由に自分をアピールできる場所であり、自分がこのような人間であると存分に主張できる貴重なスペースです。しかし、いくら自己PRのスペースが自由だからといっても、自分の好きなように長々と書いてしまうと内容が散漫になり、面接担当者からみて自己PRの内容がわかりにくくなります。そのため、自己PRの要点をしっかりと押さえて記述する必要があります。

自己PRの3点の構成要素

自己PRにおける要点とは「過去に何をやってきたか」「過去の経験によりどういったことができるか」「会社ではどのようなことがしたいのか」という3点です。また、自分の性格の長所を書く場合でも、ただ書くのではなく、こういう性格であるためこのような仕事で結果を出したなどと具体的に書くことが効果的といえます。

自己PRを書く前に

自己PRを書く前にキャリアの棚卸しを行う

自己PRを書く前に「キャリアの棚卸し」を行うことによって、自己PR作成がよりスムーズになります。キャリアの棚卸しとは、自身がこれまで経験した仕事を振り返ってすべてを書き出し、整理する作業です。

この作業をすることによって方向性がより明確になり、自己PRの完成度が高くなります。転職活動において、過去に何度か職場を変えている人の場合、職場によっては在籍期間が何年も前の話になることもあります。在籍してからかなりの期間が経過している場合、職場の詳細は記憶だけでは書けるものではありません。そのため、昔の職場の資料をそろえて正確に過去の職歴を書き出す必要があります。

キャリアの棚卸しで応募先企業との共通点を見つける

キャリアの棚卸しをすることによって得られる効果は、応募先の企業と過去の自身の仕事の共通項を見つけられることです。過去の仕事の実績や評価などを把握することによって、希望転職先の職種と関連する過去の実績をピックアップして、自己PRに反映することができるのです。自身でさえ忘れていた過去の実績を発見できることが、キャリアの棚卸しのメリットといえます。

応募先企業の分析をしたうえで共通点を見つける

キャリアの棚卸しによって、自身のキャリアを総括することができたら、次は応募先企業についての分析です。企業の募集求人が、具体的にどのような人材を求めているのか、新たな人材を入社させてどのような働き方を希望しているのか、洗い出すことが重要です。

次に行うのが自身の過去の経歴を照らし合わせて共通項を見つけ出すことです。共通項が見つかれば、企業が求めているニーズを満たす人材の自己PRを作成しやすくなります。自己PRは、思いついたことをすぐに書くのではなく、自身のキャリアと企業の特性をしっかりと確認してから書くことが大事といえます。

自己PRの書き方

自己PRは、過去のエピソードを具体的に書くことが大事です。「学生時代はリーダーシップを発揮して大勢をまとめた」「前職ではチームをまとめあげた」などの書き方は、あまり効果的とはいえません。具体的にどのようなことを実践して、その結果、どのような結果があったかということを書く必要があります。

数字を使って具体的にアピール

前職での業務成績を正確に伝える手段は、数字を駆使することです。○倍の売り上げ・○%の増加など数字を出すことによって、自己PRの説得力を増すことができます。また、具体的な成功体験エピソードを書くことでも、自己PR内容に厚みが増します。

自分が達成したエピソードを書く

自己PR執筆時の注意点は、いくら魅力的なエピソードだからといっても他人のことではなく、あくまで自分がやったことを書くことです。他人中心に書いてしまっては、面接側に自身の能力が過去の経験で発揮されたとは伝わりにくいので、あくまで自身のみのエピソードに絞って書くことが大事といえます。

自己PRは、内容だけでなく書き方にも工夫をすることも重要です。いくら自己PRが自分をアピールするチャンスだからといっても、長々と書いていては、読みにくくて逆効果となります。短く簡潔に、改行を入れて読みやすい文章づくりを心がけなくてはいけません。また、自己PRは、企業や職種に応じて内容を変える必要があります。すべて同じ自己PR内容ではなく、応募先の企業の特徴に合わせてアピールポイントを絞ることが重要です。

未経験の職種へチャレンジするときの自己PR

未経験の求人に応募する場合、転職希望者は、「なぜ未経験の職種を選んだのか」「未経験でありながらどのような能力を発揮できるか」を明確にすることが重要です。面接では「特に理由はないが、未経験でも可だったから」といった理由は面接では言うべきではありません。

未経験者にとって武器となるのは、過去の経歴です。未経験ながらも、過去にこのような実績があり、職場でも活かせることができるとアピールすることが大事といえます。また、未経験ながらも、募集求人の職種や業務内容について事前に勉強をしておくことも大切です。未経験でありながら、積極的に学び知識やスキルを持っていることが面接では好印象を与えることでしょう。

そして、数多くの資格取得をしていることも面接でおおいに好印象を与える材料となります。未経験であってもパソコンスキル・ビジネスマナーなどどんな職種でも適応可能な資格やスキルはいくつもあります。未経験でありながらも事務仕事や資料作成などをスムーズに実行でき、仕事の適応力があることのアピールも重要です。

第二新卒や20代の場合の自己PRの書き方

第二新卒者や20代の転職活動は、30〜40代などに比べるとそれほど社会人経験がありません。そのため、面接において社会人としてのスキルやマナーなどが頼りないという印象を持たれることがあります。また若いうちから転職活動をしていると、仕事でちょっとでも嫌なことがあった場合、簡単に辞めてしまうのではないかと思われる可能性もあります。そのため、第二新卒者の場合、自分がどれだけコミュニケーション能力、ビジネスマナーをしっかりと身に付けているかをアピールすることが重要です。また転職する理由についてもしっかりと説明しましょう。

前職では、電話対応やクレーム処理など1日の平均して○件行ったなど、具体的な経験を書くことで、ある程度のビジネスマナーが身についていることをアピールできます。20代の場合は、第二新卒者より若干社会人経験が長いケースもあるので、より具体的に自身の経験、実績や成果を自己PRでしっかりと書くことが大事です。熱意を持って、それでいて責任感も持っていることを強く印象付けるようにすることが、自己PRにおいては重要といえるでしょう。

自己PRは転職活動においても大切

上記のように自己PRというと就職活動時のイメージがありますが、転職活動においても非常に重要な項目です。

志望動機や職務経歴書だけでは伝えきれなかった実績などを通じて自分を応募先企業にアピールし、応募先企業に自分のスキルや人間性、仕事の取組み方をアピールしましょう。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

転職アドバイス記事

Read more »

求人情報はこちら 

Read more »

面接ガイド 

Read more »

履歴書の書き方 

Read more »

まずはキャリア相談 

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人