成果主義に求められることとは

成果主義に求められることとは

日本では従来から定着していた年功序列の人事制度に代わり、成果主義による人事制度の導入が広がってきています。そこで、成果主義とはどのような人事制度なのか、また日本企業における成果主義の定着状況などについて解説します。さらに、どのような人が成果主義を導入している企業に向いているのかについても見ていきましょう。

成果主義とは?大切なのは結果と過程

成果主義とは、業務の成果やその成果に至るまでの過程に対する評価によって給与や昇格などを決定する人事制度です。成果主義は結果のみを重視する実績主義と混同されがちですが、成果に至るまでのプロセスも合わせて評価される点で異なるものです。

成果主義の下では、年齢や勤続年数などによって待遇が決められるのではなく、成果を上げることが昇給や昇格につながるため、社員のモチベーションの維持、生産性の向上につながると考えられています。

日本企業に多いのは?成果主義と年功序列の違い

日本の企業では、年齢や勤続年数に応じて給与額や役職が上昇していく年功序列による人事制度が根付いていました。しかし、1990年代のバブル経済崩壊以降、低成長経済の下で会社が年功序列型の賃金体系を維持することが難しくなってきたことを背景に成果主義への移行も進んできています。

しかしながら、日本では成果主義が実質的には定着していないともいわれています。成果主義を導入している企業においても、実際には労働時間の長さで評価がなされているなどの指摘があるのも現実です。また、成果主義は短期的な結果にのみ目を奪われて、会社の長期的な成長のための行動に結びつかないなどの問題も認識されるようになってきています。売上以外の成果を数値化することの難しさや、個人の成績のみを追求することによる人間関係の悪化など、成果主義の弊害も強調されるようになってきているのです。

そのため、日本において完全な形で成果主義を運用している企業は少なく、さまざまな修正を加えて人事制度を運用していることがほとんどです。

成果主義が向いている人の特徴とは

成果主義を導入している企業で働くことに向いている人もいれば向いていない人もいます。出世に興味がなく、のんびり仕事をしたい人には成果主義を導入している企業は向いていないでしょう。

一方、自分の実力を試したい人、常に自分を磨いて向上していきたいと考えているような人には、成果主義は最適な人事制度です。自分の実力次第で短期間で給料を上げていくことも可能なので、モチベーションの維持・向上にも結びつきます。

ただ、現在の日本企業は成果主義の最適な運用方法を模索している段階で、各企業によって運用の仕方はさまざまです。「成果主義」という言葉だけでなく、実際に運用方法についても確認をした方が良いでしょう。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

転職アドバイス記事

Read more »

求人情報はこちら 

Read more »

面接ガイド 

Read more »

履歴書の書き方 

Read more »

まずはキャリア相談 

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人