転職活動で給料交渉を成功させるタイミング

給料交渉を成功させるポイントとベストタイミング

さらなるキャリアアップを目指したい、専門分野を極めたいなど転職には人によってさまざまな目的があります。しかし、転職の際の給料の変化は誰しも気になるのではないでしょうか。希望に叶った転職をするために、時には給料交渉が必要な場合もあります。給料交渉において押えておきたいポイントや最適なタイミングについて解説します。

転職活動中で給料交渉をするベストタイミングとは?

転職エージェント経由かどうかでベストタイミングは様々

どのタイミングで切り出すべきなのでしょうか。給料交渉を行ってくれる転職エージェント経由での応募と自分で給料交渉をしなければならない直接応募とでタイミングは異なります。

転職エージェント経由ならタイミングは転職エージェントに任せる

転職エージェントを経由して受けている場合、基本的には転職エージェントに任せるのがいいでしょう。転職エージェントは事前にあなたの希望年収や希望職種をヒアリングしているため、自分で探すよりもミスマッチを防ぐことが出来ます。

転職エージェント経由で給与交渉を行うメリット

メリットとしては、転職エージェントが交渉してくれるため、面接時など自分で交渉し、ネガティブな印象を与えることがなくなります。もし仮に先方が希望年収を聞いてきたとしても、事前にエージェントとどう対応すべきか話し合っておくことで相手に悪い印象を与えない回答をすることができるでしょう。

もし面接時に年収に関しての質問が出ず、内定獲得後提示された年収が希望年収より下回る場合、個人では「すでに内定をもらっているから」と交渉しにくく感じますが、エージェント経由であれば、そのまま交渉をすることができます。

転職エージェント経由で給与交渉を行うデメリット

もし何度も転職の経験があり、これまで給与交渉を自分で行ってきた方にとっては、転職エージェントを企業との間にはさむことになるため、気持ちの面で少し物足りなさを感じることがあるかもしれません。ただその他の部分に関してはこれといったデメリットはないでしょう。

転職エージェント経由ではないなら、タイミングは面接官から聞かれるのを待つか、一次面接終盤の逆質問

面接官から希望年収を聞かれる場合

もし自分で応募した場合、面接のプロセスの中で面接官から希望年収はどのくらいですか?という質問をされるでしょう。転職エージェント経由であれば、「エージェントからご連絡させていただきますが、現職の年収は~」などベストな回答をすることができますが、エージェント経由ではない場合、希望年収を直接伝える必要があります。

前述のポイントを押さえ、準備をした上で明確に相手先企業に伝えましょう。

一次面接終盤に逆質問で聞く場合

すでに内定を複数保持しており、スピード感を持って面接を進めたい場合、逆質問で希望年収について話すこともできます。

希望の給料額を伝えたうえで1次面接に合格すれば、2次面接は給料アップを視野に入れて対応してもらうことができます。また、万が一、1次面接で採用が見送られた場合でも、それ以降の面接を受ける必要がなくなり、時間と労力を有効に活用できます。

転職の面接で給料UPを成功させる方法とは?

デリケートな給料の条件について切り出す際は、謙虚な態度で交渉し、企業側の心証を損ねることのないよう配慮をすることが重要です。あくまでも給料が目的の最優先ではないことを伝えたうえで、前職での実績に裏付けられた適切な額を提示しましょう。

主観的な評価や根拠のない自信に基づいた交渉では採用を見送られてしまう可能性もあります。また、給料のアップを望む明確な理由を伝えることもポイントです。

1. 前職での実績や実力に基づき交渉

ここで大切なのは、しっかり結果として現れた実績をアピールするということです。根拠のない自信や実績が伴わない意欲を示すのは避けましょう。業務の成績など数字で表される実績や、試験合格や受賞歴など目に見える評価実績をアピールすることが大切です。

同時に、業界内の給料の相場を考慮しつつ、これらのことにしっかり裏付けられた適切な給料の額を提示しましょう。もし業界内の給料の水準と比較して自分の年収のほうが高く、今よりも高い年収を求めるのであれば、なおさら、実績や資格でアピールすることが重要になってきます。

2. 給料アップを望む理由を明確に提示

その際は面接官の共感を得られるような内容が望ましいです。1点目のポイントである根拠に基づいた給料の額とセットで交渉することで、効果的に進めていくことが可能です。

年収交渉が難しいと感じたら転職エージェントの利用が無難

転職面接での給料の交渉は相手からネガティブな印象を与える可能性があり、自分でやろうとすると非常に難しい領域です。

確かに働く上で、給与は重要です。ただ自分で強気に給与交渉を行いすぎてしまい、結果内定がもらえなくなってしまっては意味がありません。また直接応募の場合、面接時に希望年収を聞かれたら、即回答が求められますが、転職エージェントを利用していれば、希望年収を聞かれても、「現在の年収は~です。希望年収はエージェントを通じてご連絡させてください」とはぐらかすこともでき、面接後にエージェントと年収についてじっくり話すことも出来ます。

転職して年収を上げたいけれど、給料交渉に自信がない方は一度転職エージェントの利用を検討してみてもいいでしょう。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

転職アドバイス記事

Read more »

求人情報はこちら 

Read more »

面接ガイド 

Read more »

履歴書の書き方 

Read more »

まずはキャリア相談 

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人