よくある外資系企業への転職のきっかけは?

cellphone-on-street

転職を考えるきっかけは人それぞれです。しかし他の人の意見を知っておくと、自分の転職が妥当かどうか判断する際に役立ちます。このページでは、外資系への転職を考える「よくあるきっかけ」を3つご紹介します。

きっかけ1:自分の能力を活かしたい

1つめのきっかけとしては、「もっと自分の能力を活かしたい」という意欲が挙げられます。
外資系企業は、語学力や専門性など、ビジネスに必要なスキルがフルに求められることが多いため、自分の能力を最大限に活かしたいと考える人にとっては、最適の職場といえるでしょう。
ただし、外資系企業は実力主義の企業も多く、入社が叶ったとしても、実力が見合わない場合は苦労をするでしょう。また、継続的に結果を出す持久力が求められる環境でもあります。

  • 「自分の市場価値を高めたい」
  • 「理想のためならどんな努力もできる」
  • 「特定の分野のスペシャリストになりたい」

という強い意欲があるなら、外資系企業は最適なフィールドといえるでしょう。

きっかけ2:グローバルな職場で働きたい

2つめのきっかけとしては、「より国際的な環境で働きたい」という点が挙げられます。
外資系企業の多くは、日系企業とは異なる社風を持っています。英語を中心としたワークスタイルのほか、人間関係はビジネスライクな付き合いも多く、上司や部下といった立場に関わらず積極的に発言していく自発性も求められます。異なる文化圏の人にわかりやすく企画を説明するプレゼンテーション能力など、ビジネスでグローバルに活躍するための能力が鍛えられるところも魅力です。

一方で、外資系企業の日本支社の中には、日本人が多く在籍し、日系企業と類似した社風を持つ会社もあります。「国際的な職場で働きたい」という動機で転職する場合は、事前に転職先の職場環境をよくリサーチしておきましょう。

きっかけ3:実力主義のなかで挑戦をしたい

3つめのきっかけとしては、「学歴以外で勝負したい」という挑戦心が挙げられます。
たとえば日系企業の就活において最も有利とされているのは「新卒」ですが、外資系企業の就活で有利となるのは「新卒」とは限りません。外資系企業は上記で述べたとおり「実力主義」なので、能力が伴えば年齢や経歴に関わらず活躍することができます。定年という概念も希薄であるため、本人に働く意思と実力があれば継続的に働けるところも外資系の特徴です。

外資系企業のこのような特徴を受けて、「自分をもう一度試したい」という意欲から外資系への転職を考える人も多くいます。また、外資系企業は「結果を出せば出すほど収入が増える」という特徴も魅力のひとつ。性別や年齢に関わらずトッププレイヤーでいたい人にとって、外資系企業は魅力的な職場といえるでしょう。


外資系企業への転職を考える「よくあるきっかけ」を3つご紹介しました。
自分の考える「転職の動機」を満たせる企業かどうかを見極めながら、求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

[他のキャリアアドバイス記事はこちらから] 

 

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

キャリアアドバイス記事

Read more »

最新求人