転職面接の面接官への逆質問対策

blur-crowd

面接の逆質問とは

面接の逆質問とは、面接の最後に面接官から必ずといっていいほど聞かれる「何か質問がありますか?」に対して、応募者が面接官に対して質問をする時間のことです。

面接で逆質問をする理由

面接は双方向のプロセスです。面接官があなたが職務にふさわしい人材であるかを判断すると同様に、あなたも面接という機会を利用して転職した際に望んでいるキャリアとやりがいを得られるかどうかを判断します。面接に先立ち、面接官への質問を必ず考えておきましょう。

質問を工夫して、しっかりと準備してきたこと、自分の応募先企業への見解をアピールしましょう。

面接の逆質問は最初の面接以降、志望動機にも

例えば「応募した企業の今後の事業展開でXという記事を読みました。新しい事業展開におけるXという分野の募集職種の位置づけはどうなりますか?」といった逆質問をします。

面接官から

"Xという分野にはこういった形で関わる"という関わることができるという回答の場合、通常の志望動機に加え、「Xという分野にこのポジションで関われるということを伺い、さらに御社への志望度が上がりました」といった志望動機につなげることも可能ですし、

"直接的に関わりはないが、社内異動も盛んのため、希望があれば異動できる"ということであれば、「社内異動も盛んだということを伺いました。希望者にはチャレンジさせるという社風にも魅力を感じました。」ということも可能です。

逆質問を考えるの難しいと思われがちですが、企業を表面上ではなく、さらに深く知ることができる時間だと考えてみるといいでしょう。

逆質問がない、思い浮かばない

もう一度求人内容を確認し、自分がなぜポジションに応募したのか、どうしてその応募先企業なのかを面接前に考えてみましょう。

そのうえで、自分のやりたいことが本当にできるのか、やりたいことができる環境にあるのか等、自分が入社した後のことを考え、事前に逆質問を考えておきましょう。また下記に記載しているように面接官によって質問も変えることを想定し複数質問を考えておきましょう。

事前に考えていても、実際の面接の時に緊張で忘れてしまった場合は、下記の主な質問を1つピックアップしておき、それ以外は実際の面接内容から質問するといいでしょう。

面接での逆質問の意図とは?

応募先の熱意を知りたい

面接官は「もし本当に入社したい企業なら、少なくとも企業のサービスや商品、HPなどは事前に確認しているはず」と考えています。

もし自分が面接官だったらと思い浮かべ、「何も質問がない or 的外れな質問をする候補者」と「しっかりと考えた上で質問をする候補者」とでは、明らかに後者のほうが印象はいいでしょう。

コミュニケーション能力を見たい

面接官はもしこの人と一緒に働いたらどうなるか、一緒に働けそうかということを見ています。スキルがあったとしても、やる気が感じられない、会話が弾まないといった方だとネガティブに写ってしまいます。

聞かれた質問に対して答える面接とは違い、自発性的に質問が求められる逆質問では、会議の際に発言できるのか、しっかりと自分の意見があるのかという部分も見られています。

自己アピールできる

「私は○○や○○のスキルを持っていますが、このポジションで活躍するためには他にどんなスキルが必要でしょうか?」

といったように、質問はしてはいるものの、自分が持っているスキルをアピールできる最後のチャンスです。面接の最初の自己紹介のタイミングではアピールできなかったポイントや再度強調しておきたいスキルをアピールする最後のチャンスになります。

面接での逆質問のコツ

面接官によって質問内容を変える

人事への逆質問

人事担当者への質問としては、人事制度や企業文化などについて質問するといいでしょう。

「どういった方が活躍されていますか?」「中途入社の場合、研修プログラムはどういったものがありますか?」などカルチャーフィットできそうか、入社後に活躍するためにはどういったことが必要かを確認しましょう、

現場社員や上長への逆質問

実際に働く現場社員や応募ポジションの上長には働きたいという意思を見せるようにしましょう。

「○○という施策があるかと思いますが、どのように行われたのでしょうか」「入社後、どのくらいで部署の一員として働くことになりますか?」など実際の業務について聞くようにし、さらに自分が入社したいという熱意を持った質問をしましょう。

社長への逆質問

社長が面接官だった場合は、会社のビジョンや今後の戦略について、自分なりに意見をまとめた上で話をするといいでしょう。

「御社のサービスは○○という理由から別の分野でも需要があると私は考えてますがご意見を伺わせてください」など会社全体のことについて質問をしましょう。

面接官について調べておく

面接が決まった際に面接官の名前やポジションが面接の案内メール等に記載されていることがあります。

その場合、面接官の記事がないか調べ、もし記事がある場合は読み込んだ上で面接に臨むのも効果的でしょう。

「記事を拝見し、そこではこう述べていましたが○○について詳しく教えてください」といった質問をするとしっかり調べているという熱意が伝わります。

面接官への主な逆質問例

  • 今回の募集職種の募集背景を教えてください。
  • このポジションは、御社の組織上、どのような位置付けをされていますか?
  • 御社の今後のプランについてお聞かせください。
  • ○○様(面接官)が、御社に就職した動機をお聞かせいただけますか?
  • 御社では最近Xを始めたという記事を読みました。このポジションへの影響はありますでしょうか?

主な逆質問例(英語)

上記の主な逆質問例は英語でいうと以下になります。自分なりに考えることはもちろんですが、もし英語面接で焦ってしまう人はいくつかフレーズだけでも覚えておくといいでしょう。

  • Why has the position become available?
  • How does the position fit into the structure of the organisation?
  • What plans does the organisation have for future development?
  • What motivated you to join the organisation?
  • I have read that you have just launched "X". What will that mean for the growth of this role?

その他の面接逆質問例

  • 御社の社風について教えてください。
  • 今回の募集職種に就く人物にどのような資質を求めていますか?
  • 御社の将来のビジネスプランについてお聞かせください。
  • 御社が最も力を入れている事業分野は何ですか?
  • 入社後、どのような研修プログラムが予定されていますか?
  • 面接結果はいつ頃ご連絡いただけますでしょうか?
  • 今後の面接のプロセスを教えてください。

面接における逆質問NG例

面接時に逆質問はしたほうがいのですが、対面でしないほうがいい質問もあります。

・給与や待遇についての質問

面接時に給与や待遇についての質問は避けたほうがいいでしょう。内定後に確認することもできますし、もっと早くに確認したい場合は、転職エージェントを介して聞くようにしましょう、

面接時に直接聞くことで仕事内容や会社のビジョンの共感ではなく、お金で決めるのか、残業がないから入るのかと面接官に思われるため避けましょう。

・ホームページに掲載されている内容

質問例として「御社はSNSをやられていますか?」「英語は必要ですか?」など事前に調べればわかる内容やすでに募集要項に書かれている内容は避けましょう。

もし質問をしたい場合は、「募集要項には英語レベルがビジネスレベルと書かれてますが、実際に海外とのやり取りはどの程度発生するのでしょうか?」などしっかり把握した上で深堀して聞いいているということをアピールしましょう。

・すでに面接官から説明があった内容

面接に緊張していたとしても、すでに面接官が話をした内容を再度聞くのはやめましょう。ただ、前述のように深堀りして質問するのは効果的でしょう。

質問例として「先ほど仕事内容について、○○ということがありましたが、具体的にどういった業務になるのでしょうか。」とするのがいいでしょう。

・面接官ではわからない内容

例えば社長が面接官だった場合、今後の会社の方向性はわかりますが、現場の仕事内容についてはわからないこともあるでしょう。また人事に対しても実際の仕事内容が特殊であれば、詳細まではわからないと考えられるでしょう。

このように面接官が返答できない質問をしてしまうと、しっかりと考えて面接官に質問をしているのかと思われてしまうため注意が必要です。

転職面接の逆質問まとめ

  • 逆質問がなくても事前に考えておき、質問をするようにしましょう
  • 逆質問は熱意を見ているため、企業研究は怠らないようにしましょう
  • 面接官によって適切な質問をするよう心がけましょう
  • 調べればわかる質問や給与など後々確認できるものは質問を控えましょう

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

キャリアアドバイス

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人