転職時に給与をアップさせる為に

blue-escalator

面接は、就職のために必要不可欠であり、希望する仕事を得るための重要なステップです。就職面接において起こりやすい5つの大きな誤りがあります。これらのミスを未然に防ぐ準備をすることで面接を成功させることができます。

面接の前に会社をリサーチする

周到な準備やリサーチ、そして未来の雇用先に対する適切な配慮は必須です。事業について自信を持って語れる能力は、応募者にとって極めて重要です。その会社に関連する次に挙げるような事項について自信を持って話せるように準備をしておきましょう。

  • 社史
  • 財政状態
  • 企業使命
  • 製品・サービス
  • 市場情報
  • 競合

応募理由を詳細に説明しましょう

面 接は、あなたが特定の会社あるいはポジションに興味を持った理由を説明する絶好の機会です。多くの採用者は、なぜあなたが他社ではなく、その企業で働きた いかを質問します。例えば、あなたが英語を使う機会が多い多国籍企業を選ぶかもしれません。何でも良いから業界内の仕事を探しているという印象を与えない ために、その会社に務めたいと思う理由を一般論ではなく詳細に伝えましょう。世評や主要職務など、その仕事あるいは会社があなたにとって魅力的である部分 を熱意をもって、また具体的に話しましょう。

履歴書の記載事項をきちんと説明できるようにしましょう

自分の履歴書に記載 されている事実を詳しく把握しておらず、質問に十分に答えられない応募者もいます。履歴書に書いてあるからといって、前の仕事での職務や成果といった自分 の経歴を聞かれないと決めてかからないようにしましょう。面接の前に履歴書をチェックし、記載事項に関するいかなる質問にも答えられるよう準備をしましょ う。自分のやってきたことが応募している仕事にどのように関係するかを説明し、面接で聞かれる質問に関連する経験の事例を挙げましょう。多くの日本企業が アジアに事業を拡大しています。日本語や英語に加えて中国語やタイ語など多言語に堪能であれば、就職面接でそれをアピールしましょう。

常にプロ意識を持って応対しましょう

面接官に対してなれなれし過ぎる人もよく見かけます。これは就職面接においてはあまり好ましくありません。カリスマ性や対人スキルを示すことは重要ですが、たとえ面接官と波長が合うと感じても、常にプロとして振る舞わなければなりません。

経験を肯定的に話しましょう

現 在、あるいは過去の雇用者や業務経験について否定的なコメントをしてしまい、就職の機会を台無しにしてしまう求職者も少なくありません。前職あるは現職の 会社や上司、仕事に関する否定的なコメントは避けましょう。自分の経歴のポジティブな側面を探し、それを中心に会話を展開しましょう。


あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

市場給与調査

Read more »

最新求人