さまざまな面接担当者に対応する方法

yellow-building

ほぼすべての面接プロセスにおいて、異なる立場の担当者との面接に対応しなければなりません。人事の担当者との面接とラインマネージャーとの面接では準備の方法が違います。では、どのように準備をすればよいのでしょうか。

異なる立場の関係者に合わせて自分の見せ方を調整する能力は、最も重要な面接スキルのひとつです。各担当者が求めているものを認識することにより、効果的に面接の各段階の準備を行うことができます。

 

1. 社内のリクルーター

社内のリクルーターはさまざまな部門との連携業務を行っており、役職に関してはあまり詳しい知識がないかもしれません。しかし、面接の最初の段階でこのようなリクルーターと接することになるため、次の段階に進むために良い印象を残す必要があります。

社内のリクルーターは候補者が役職に適しているかどうか判断するために、能力に関するいくつかの質問をする場合があります。この場合、自分が十分な知識を持つことを示しながらも、あまりにも専門的な用語を使うことないよう、相手にわかりやすい回答を提供する必要があります。通常質問される内容としては以下が挙げられます。

  • その企業に入社したいという意欲
  • 給与と報酬に関する期待
  • どの程度企業文化に溶け込めるか

2. 人事担当者

通常、人事担当者は役職に求められる人間的な資質を説明し、候補者がそのような条件を満たすことができるか、部門内でどの役割を果たすことができるかをより深く確認しようとします。社内のリクルーターと同様に、人事担当者も候補者の意欲と企業文化との適合性について質問するものの、候補者が部門内で果たす特定の役割(以下を含む)についても確認します。

  • リーダーとしての可能性
  • 部門の他のメンバーとともに業務を行う能力
  • 企業内の他のメンバーとコミュニケーションをとり、協力する能力
  • 自ら学習し、他のメンバーにアドバイスを提供する能力

さらに人事担当者は、候補者がその企業と業務内容をどの程度理解し、企業が市場において現在どのような位置を占め、候補者が今後企業のビジネスにどのような影響を及ぼすことができるかについても確認します。

候補者はこれまでの自分のキャリアについてどう感じているのかを説明できるようにしておく必要があります。その際、自分の強みがどこにあり、どのような資質をさらに伸ばしたいのかを説明する必要があります。

各担当者が求めているものを認識することにより、効果的に面接の各段階の準備を行うことができます。

3. ラインマネージャーとの面接

原則的にラインマネージャーは採用の可否を決定する最も重要な面接を行い、この面接を通じて候補者は技術的な能力を示し、企業にビジネス上のメリットをもたらすことを実証する必要があります。面接ではあらゆる要素がチェックされ、以下の項目を確認します。

  • 能力に関する質問
  • 技術的な質問
  • 社外候補者がもたらすことができる知識と技術的なスキル
  • 自分の強みと弱みに関する適切かつ客観的な評価
  • 個人的な資質、候補者がその役職に就きたい理由、企業文化に溶け込むことができるか

4. 役員との面接

候補者が所属部門外の役員との面接がある場合、なぜその面接が設定されたのか考える必要があります。候補者がその企業に入社する前に役員は何を確認したいのでしょうか。あなたのリーダーとしての能力でしょうか。企業文化に溶け込めることでしょうか。企業内の他の部門と協力していく能力でしょうか。役職によって確認したい内容は異なるため、以下の項目をすべて確認して、このことを真剣に考える必要があります。

役員に対しては以下の質問をすることができます。

  • 応募している部門でその役員がどのような業務経験を持っているのか
  • 候補者がそのチーム内で効果を高めるにはどうすべきか
  • 将来、組織が成長すると応募している役職にどのような影響を及ぼすのか

 

[他のキャリアアドバイスの記事はこちらから] 

 

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

キャリアアドバイス記事

Read more »

最新求人