人材紹介会社を有効に活用する

escalators

人材紹介会社は様々な求人を扱っています。人材紹介会社との関係の有無は求職者に「希望する仕事を得られる」と、「その仕事の存在すら知らない」という大きな違いを生み出します。人材紹介会社から希望する求人を手に入れるにはどうすればいいのでしょうか。

就職面接と同様、十分に準備をし初回面談に臨みましょう

人材紹介会社のほとんどは、求職者に実際に会ってから履歴書を雇用者に正式送付する事を望みます。一般的に初回面談では、転職を望む理由や関心のある職種、そして面談者に適していると人材紹介会社が考えるポジションについて話し合います。面談前に求人企業のウェブサイトをチェックし、関心のある仕事を探すことは非常に有益です。
この初回面談において、あなたのプロ意識と雇用適性を印象づけることが重要です。弊社ウェブサイト内の面接ガイドにも目を通しましょう。

どのような仕事を求めているか、明確にしましょう

人材紹介会社を利用する求職者は当然ながら転職を望んでいます。しかし、それ以上のことを明確に決めていないケースもあります。新たな機会に前向きになるのは良い事ですが、ある程度リサーチをしてあなたの希望職種を伝えましょう。そうすることで、互いに緊密な関係を築くことができ、人材紹介会社があなたの興味の低い案件を紹介することも軽減できます。人材紹介会社が最大限あなたの役に立つには、あなた自身の協力と方向付けが必要となります。

担当コンサルタントとの連絡を保ちましょう

人材紹介会社のスタッフは毎週多くの有能な人材に会います。電話やEメールで毎週連絡をとることは重要です。求職者向けの交流会も頻繁に設けており、このようなイベントに招かれたら極力出席しましょう。そうすることで、人材紹介会社のコンサルタントの記憶に残るだけでなく、最新の市場動向や求人情報を知ることができます。

担当コンサルタントの専門能力と知識を活用しましょう

人材紹介会社の知識を可能な限り活用しましょう。コンサルタントは業界のスペシャリストであり、求人企業と密接な関係を持っているので、最新求人情報や求人企業が求めるスキルについてお伝えすることができます。面接の機会を得た際は、面接官についての情報も聞いてみましょう。コンサルタントはその面接官を知っており、対応策を教えてくれるでしょう。

人材紹介会社にフィードバックを求めましょう

人材紹介会社にフィードバックを求めることは、これからあなたが自分自身のアピールの仕方を改善する上で役立ちます。コンサルタントは履歴書に日々目を通し、企業が何を求めているかを知っています。彼らのアドバイスを考慮に入れれば、履歴書の質を可能な限り高めることができます。面接後、人材紹介会社は面接官に感想を聞き、ほとんどの場合、面接の出来についてあなたに連絡します。この機会を最大限に活用し、面接での対応についてフィードバックを得ましょう。

 

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。応募はこちら

採用アドバイス

Read more »

最新求人