履歴書に貼る写真のサイズ・服装・撮影場所は?

履歴書の写真のサイズ・服装は?

転職をするにあたり、「履歴書」は必ず必要なものですが、市販のものや、テンプレートによっては、写真を添付するものがあります。もちろん、履歴書に貼る写真は、どのようなものでも良いというわけではありません。

履歴書に貼る写真にはさまざまなルールがあるため、きちんとポイントを把握しておくのが大切なのです。ここでは、履歴書に貼る写真はどのような服装で撮ればいいのか、また写真のサイズや、写真を撮る場所などについて紹介します。

履歴書の写真はあなたの第一印象を決める大事なアイテム

そもそも、なぜ履歴書の写真は重要だとされているのでしょうか。それは、写真がその人の「第一印象」を決める重要なアイテムであるためです。面接前の書類選考では、履歴書の写真がその人のビジュアルを伝える大切な要素となります。たとえば、面接官の立場になって考えてみたときに、服装が乱れていたり、表情にやる気がなかったりする応募者は、自社に対しての熱意が伝わらず、なかなか採用を前向きに考えにくいものです。

なかでも、普段スーツでお客さんと接する営業職などは、第一印象は重要なポイントといえるでしょう。客先へのアポイントに置き換えて考えると、客先に訪問する際にも、写真のような格好で出向いてしまうのかと思われかねません。このように、履歴書の写真は個性や性格などを映し出す、鏡のようなものなのです。

こうした観点から、転職において履歴書の写真は重要なアイテムだとされているのです。

転職活動では別の用途で撮影したものは使わない

一般的な履歴書写真のサイズは縦4cm×横3cmとされています。そのため、写真が余っているからといって、ほかの用途で撮影した写真を履歴書に用いると、アンバランスな印象となります。転職活動では、写真の使いまわしはしないように心がけましょう。ただし、企業によって履歴書の形式があらかじめ決まっている場合には、それに従って履歴書の写真も準備することが求められます。

履歴書の写真のサイズはどのサイズ?

一般的なサイズは「縦4cm×横3cm」

履歴書に貼る写真は、「縦4cm×横3cm」のサイズが一般的です。スピード写真でも、履歴書用の写真は、このサイズになっているケースが多くみられます。ただし、必ずしも履歴書に貼る写真が、このサイズとは限りません。

履歴書によっては異なるサイズの場合もあります。特に、企業が独自に履歴書を用意している場合、異なるサイズの写真を指定される可能性があるため注意が必要です。履歴書に使用する写真のサイズは、忘れずにきちんと確認することを心がけましょう。

履歴書に貼る写真の裏には名前を書いておく

また、写真の裏に名前を記載するのもポイントです。写真をしっかりと履歴書に貼ったつもりでも、何らかの拍子でのり付けされていた写真が、はがれ落ちてしまう可能性もあります。こうしたトラブルが起きたとしても、写真の裏に名前を記載しておけば、どの応募者のものなのかが応募先企業はスムーズに判別することができるのです。

写真を貼るときのコツ

写真を撮影したら、縦4cm×横3cmのサイズにカットします。写真をカットするときには、まっすぐに切ることがポイントです。ハサミでまっすぐに切るのが難しいのであれば、定規とカッターナイフを使って丁寧にカットしましょう。加えて、写真を履歴書に貼りつけるときには、スティックのりを使用するのが無難です。水のりを使って写真を貼ってしまうと、のりの水分で写真がゆがんでしまうため、仕上がりが美しくありません。また、写真を貼るときにはセロハンテープの使用も控えるようにしましょう。

履歴書に貼る写真の服装・髪型は?

履歴書に貼る写真の服装は「黒か紺色のスーツ」

履歴書に貼る写真は、サイズだけではなく服装にまできちんと気を配るのが大切です。基本的に、履歴書に貼る写真の服装は「スーツ」が望ましいとされています。なお、スーツの色は黒色もしくは紺色を選ぶのが無難です。

シャツ・ブラウスは男女ともに白の無地を

男性の場合、シャツは白色で無地を選びます。シャツのボタンは一番上まで留めて、ネクタイもしっかりと締めるようにするのが重要です。女性の場合は、白色の無地のシャツやブラウスなどを着用すると、清潔感のある装いになります。

髪型は前髪が目にかからないようにするのがポイント

髪型は男性・女性のどちらも清潔感を重視し、前髪が目にかからないようにセットするのがポイントです。前髪が目にかかっていると、暗く覇気のない印象を与えてしまうおそれがあるため、注意しましょう。

男性の場合は、髪を分けたり横に流したりしてセットすると、爽やかな印象を与えられます。女性の場合は、前髪やサイドの髪を横に流したり耳にかけたりすると、表情がはっきりとして、明るくはつらつとした印象を演出できます。

もしも、スーツのジャケットのえりを覆ってしまうくらいに髪が長い場合は、後ろでまとめて結ぶと良いでしょう。表情は、口を閉じたまま口角をキュッと引き上げ、自然な笑顔を意識します。このときに、左右の肩の高さをそろえて、正面を向いて写真を撮るのが肝心です。

写真の背景は白か青・灰色

スピード写真や写真館で撮影する際に、写真の背景を選択できる場合があります。写真の背景は、白色・青色・灰色などが一般的です。青色や灰色は顔の輪郭が強調され、全体が整った印象に仕上がるといわれていますが、背景色をどうすべきか悩んだ場合は、白色を選んでおくと無難です。

男性の場合の履歴書の写真の注意点

男性が履歴書の写真を撮影する場合は注意点を押さえておき、さわやかな印象の履歴書写真を撮影しましょう。

スーツ・シャツ・ネクタイ

まず、スーツは黒か紺色を選ぶのがポイントです。スーツを着るときには、シワや汚れがないかどうかを必ずチェックしておきましょう。加えて、男性の場合、スーツにはネクタイを合わせます。このとき、ネクタイの色や柄は派手すぎないものを選ぶのが無難です。ネクタイ選びで悩んだら、寒色系で無地のものを選ぶと落ち着いた印象になります。ほかにも、目立たない小紋柄であれば、履歴書写真でも好印象です。さらに、スーツを着用するのであれば、ネクタイがたるんだり曲がったりしていないかどうかや、シャツのボタンは上まできちんとしまっているかなどの点を確認しておくことが大切です。

髪型・表情

履歴書の写真では、身だしなみにも配慮することが欠かせません。具体的には、「寝癖がないかどうか」や「極端に長髪になっていないか」なども、撮影前にチェックしましょう。特に、前髪が長すぎると表情がわかりづらくなるだけでなく、相手に暗い印象を与える可能性があります。頭髪を整える場合は前髪が目にかからないようにし、さわやかな印象になるようにセットしておきましょう。加えて、撮影するときには、「にらんでいないか」「無表情になっていないか」、また「背筋が伸びているか」などの点に気をつけることがポイントです。

女性の場合の履歴書の写真の注意点

スーツ・シャツ等の服装

女性が履歴書写真を撮影する場合も、さわやかで清潔感がある仕上がりになるよう心がけることが大切です。女性も男性のときと同様、履歴書写真は黒か紺色のスーツを着用して撮影します。インナーには白いブラウスを着るケースが多く見られますが、転職する女性の場合はパステルカラーでも構いません。加えて、ブラウスのほかにはカットソーを合わせてみても良いでしょう。インナー選びで悩んだら、派手すぎないものや胸元が開きすぎていないデザインのものを選ぶことがポイントです。

髪型・メイク

女性の場合はヘアスタイルやメイクにも配慮する必要があります。髪が肩につく程度か、それ以上の長さがあるのであれば、ヘアゴムなどを使って一つにまとめておきましょう。前髪も目にかからないようにカットするか、横に流すかしておくと、表情がより際立ちます。さらに、女性が履歴書写真を撮影するときには、ナチュラルメイクで清潔感や誠実さを強調することが欠かせません。メイクをする場合はチークやアイライナーなどが濃くなりすぎないように気をつけましょう。

履歴書の写真NG事例

履歴書の写真は、いくつか注意しておくべきポイントがあります。

髪型のNG例

寝癖

まず注意すべき点は「寝癖」です。寝癖がついていると、だらしのない印象を与えてしまう原因につながります。

清潔感がない

ボサボサにみえる無造作ヘアなども要注意です。履歴書の写真は清潔感を意識し、きちんとクシや整髪料を使って、ヘアセットを行いましょう。ただし、整髪料で髪型を派手にセットするのは、避けたほうが無難です。あくまでも、ナチュラルな印象を与えられるようにセットしましょう。

極端に明るい髪の色は避ける

「髪の色」にも気をつける必要があります。男性・女性ともに極端に明るい髪色は避けて、ナチュラルな髪色を心がけるのが肝心です。

服装のNG例

ネクタイが曲がっている

服装においては「ネクタイが曲がっている」のも注意したいポイントです。ネクタイが曲がっていると、緊張感のないイメージを与えてしまいかねません。写真を撮るときはネクタイが曲がっていないか、きちんと確認するのが大切です。なお、ネクタイピンを使用するとネクタイが固定され、ずれたり曲がったりするのを防ぎやすくなります。

スーツ・シャツにしわ・汚れがある

スーツやシャツに汚れやしわがあるまま撮影してしまうと、そこが目立った写真が出来上がってしまう可能性があります。撮影前に汚れがないか、しわがないかの確認をしてからのぞみましょう。

化粧のNG例

化粧は濃すぎると悪い印象を与えてしまう可能性がある

「化粧の濃さ」にも要注意です。写真を撮るとなると、化粧に気合いが入る女性も多いかもしれません。しかし、濃すぎる化粧は派手な印象を与えてしまうおそれがあるため、ナチュラルな仕上がりを意識するのが大切なのです。アイメイクは濃くしすぎず、リップやチークなどで血色を良くみせると、顔周りが明るく華やかな印象になります。

背筋が曲がっているのもNGポイント

上記に加えて写真を撮るときは「背筋」にも気を配りましょう。背筋が丸まった状態で写真を撮ると、暗い印象を与えてしまう原因につながります。写真を撮るときは、背筋をピンと伸ばしましょう。

履歴書はどこで撮影したらいい?

履歴書に貼るなら写真館がベスト

履歴書の写真を撮影するには、「写真館」「スピード写真」「自分で撮影する」などの方法があります。ただ、基本的に履歴書の写真は、写真館で一度撮影しておくと良いでしょう。なぜなら、写真館の場合、プロによるしっかりとした写真を撮影してもらえるためです。プロに撮影してもらった美しい写真なら、自信を持って履歴書に貼ることができます。

また自分で写真を撮影するとなると、構図がうまくいかなかったり、手ぶれによって顔の輪郭がぼやけてしまう恐れがあります。こうした写真を履歴書に貼ることは、マイナスの印象を与えてしまう可能性があるため、注意が必要でしょう。なお、写真は3カ月以内のものを使用するのが良いといわれています。数年前の写真などは、顔の印象が変わっている場合があるため、使用を避けましょう。

撮影場所のメリットデメリット

写真館・スピード写真・アプリでの撮影など、撮影の場所や方法によって、それぞれメリットとデメリットが異なります。きちんとそれぞれのメリットとデメリットを把握したうえで、自分にぴったりの撮影方法を選ぶのが大切です。

写真館で撮影する場合のメリット・デメリット

メリット

写真館で撮影をするメリットには「写真が美しく仕上がる」ことが挙げられます。プロが撮影してくれるため、的確なアドバイスを受けながら、自分の魅力を引き出す美しい写真が撮影できるのです。また、写真館では、撮影した写真をデータとしてもらえるオプションが用意されているケースもみられます。写真のデータが手元にあれば、数多く履歴書を送る予定があるときにも便利です。履歴書を複数の企業に送る予定がある場合は、写真館でしっかりと撮影をするのも良い手といえます。

デメリット

デメリットには「コストと時間がかかる」という点が挙げられます。特に、就職活動が活発なシーズンは写真館が混み合っており、予約が取りにくいこともあるため、注意が必要でしょう。転職活動を本格的に始めると決めたら時間を見つけて写真館で撮影するようにしましょう。

スピード写真のメリット・デメリット

メリット

スピード写真のメリットは、何といっても「スピーディで費用が安い」ことです。スピード写真機は駅前や商業施設などに設置されており、自分の都合の良いときに写真を撮影できます。撮影時間が短く費用も安いため、気軽に利用しやすいのが魅力です。

デメリット

その反面、「客観的なアドバイスがもらえない」ことがデメリットです。写真館のようにプロが撮影するわけではないため、第三者からのアドバイスを受けることができません。自ら撮影時のポイントを把握しておき、仕上がりのチェックまで行う必要があります。

アプリでの撮影のメリット・デメリット

メリット

アプリでの撮影は、「スマホなどで手軽に撮影ができる」のがメリットです。スマホのカメラを利用すれば、履歴書に貼る写真を自分で簡単に撮影できます。それに、アプリなら明るさの調整など、データの加工がしやすいのも魅力です。

デメリット

一方、デメリットとしては「写真のクオリティが低くなりやすい」ことが挙げられます。アプリを使って自分で撮影をするとなると、どうしても写真館でプロが撮影したような、クオリティの高い写真に仕上げるのが難しくなります。また、アプリで撮影した写真は、企業によっては「きちんとした写真を準備できなかったのか」という、ネガティブな印象を与えてしまう可能性もあるのです。そのため、アプリで撮影をする場合は、入念に仕上がりをチェックし、自分で撮影した写真だと思われないように気をつけましょう。

履歴書の写真Q&A

Q:履歴書の写真と違う服装で面接に行って問題ないか?

A:違う服装、ヘアスタイルでも問題なし

転職活動で履歴書の準備をした後には、面接という流れになるのが一般的です。面接に行く場合、「履歴書の写真と違う格好で行ってもいいのか」という点で悩む人は少なくありません。履歴書写真を撮影するときには、ヘアスタイルやスーツの色、着こなしなど、さまざまなことに配慮するのが一般的です。採用担当者は、これらの情報からその人がどのような人物かを判断します。加えて、面接に行く場合、履歴書と違った服装やヘアスタイルで行っても問題はありません。ただ、履歴書写真は3カ月以内のものを使うことがポイントです。たとえば、髪型や髪の色、スーツの色、眼鏡の有無などを変えるのは自由です。しかし、服装などは面接にふさわしいものに整えておきましょう。

Q:写真は眼鏡をはずして撮影すべきですか?

A:眼鏡のままで問題ない。ただコンタクトと両方使っている場合はコンタクトで撮影するとよい

普段眼鏡をかけている人は、「履歴書の写真を撮る場合、眼鏡をはずして写真を撮ったほうがいいのではないか」と考える人も見られます。しかし、普段から眼鏡をかけているのであれば、写真撮影も眼鏡をかけたままで問題ありません。ただ、撮影のときに眼鏡をかけていると、反射して写ってしまう恐れがあります。たとえば、眼鏡とコンタクトを両方使っている人の場合は、写真撮影はコンタクトで行い、面接では眼鏡で行くようにするなど工夫すると良いでしょう。眼鏡で撮影をするのであれば、目を細めてしなわないように注意することがポイントです。

Q:写真に折り目がついてしまったのですが撮影しなおしたほうがいいですか?

A:撮影しなおし、きれいなものを再提出しましょう。

履歴書の写真を準備する過程で写真に折り目がついてしまった場合、撮影し直して、折り目がなくきれいな状態のものを提出するようにしましょう。また、履歴書写真は写真館だけでなく、スピード写真でも撮影可能です。なかにはコストなどの問題から、自分で撮影する人も見られます。ただ、転職活動を行う場合、就職活動のときのように同じ時期に複数応募する可能性があるのであれば、表情が柔らかく、自然な写りの写真を準備することが望ましいため、一度写真館で撮影を行っても良いでしょう。写真館で撮影すると、自分では気づきにくい服装の乱れを直してくれたり、ヘアスタイルや表情などプロの指導が受けたりできるというメリットがあります。写真館で写りの良い写真が撮影できれば、「写真写りが悪いから撮り直したい」などの理由で何度も写真撮影に足を運ぶ心配はありません。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

転職アドバイス記事

Read more »

求人情報はこちら 

Read more »

面接ガイド 

Read more »

履歴書の書き方 

Read more »

まずはキャリア相談 

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人