新しい職場で第一印象を良くする方法

新しい職場で第一印象を良くする方法

組織の中で新人として働き始めることは、どんな人にとっても大変なことです。新しいことへの挑戦でもあると同時に刺激的なことでもあります。そのポジションを引き受けたからには、職場での初日の第一印象をいかに良くするかを考える必要があります。恐らく、多くの人は何度かの面接を経て、第一印象がどれほど重要かを知ったと思います。ここでは、新しい職場で正しいスタートを切るためのヒントをいくつかご紹介します。

ポジティブに始める

ポジティブな経験を共有する土台から作り始めるのが一番です。新しい同僚との最初の数回の会話が重要です。前向きな態度をとること、個人的な問題や心配事は職場にいるときは忘れて、チームの一員となる機会を与えられたことに熱意と感謝を示すことが大切です。

身だしなみ

ドレスコードは職場や各業界の文化によって、フォーマルからカジュアルまで様々です。初日を迎える前に、どのような服装が適切か聞いておくか、面接の際に会った人を観察しておくとよいでしょう。

名前を覚える 

初日に全員の名前を覚えていなくても問題はありません。ただし、できるだけ早い段階で、一日を通して出会った人について、名前、役職、その人についての情報など、いくつかのメモを書き留めるようにしてください。書き留めておくことで、会った人やその人の組織内での役割を思い出しやすくなるでしょう。

質問する

新しい仕事を始めるとき、当然ですが誰もあなたがその会社のすべてを知っているとは思っていません。新しい職場に入った最初の期間は、仕事を理解し、新しいプロセスやシステムに適応するまで、できるだけ多くの質問をするチャンスなのです。

率先して行動する

新しい仕事が始まると、ほとんどの場合、徐々に仕事に慣れていくことになります。焦らずにゆっくりスタートすることで、自分の立ち位置を確認することができます。最初の仕事を任され、プロセスやシステムに慣れてきたら、率先してもっと仕事を依頼しましょう。

メンターを探す

組織内の多くの人と知り合いになるにつれて、組織の先輩との関係を築くことを考え始めましょう。尊敬し、信頼できる人を持つことは、多くの利益をもたらし、あなたのキャリアアップにつながります。

整理整頓と目標設定

もし、あまり整理整頓ができないなら、最初の1週間でミーティングや割り当てられたプロジェクトを記録するシステムやフローを整えましょう。自分自身の目標を設定し、仕事の進捗に応じて見直すことで、先に決断することができます。入社後3ヶ月で重要なことと、入社後6ヶ月で達成したいことは、時間が経つにつれて変わってくるはずです。

人脈作りに励む

会議、社内カンファレンス、その他の集まりに積極的に参加し、社内の主要人物と人脈を作る機会を活用しましょう。より多くの同僚に会い、連絡先のリストを増やしましょう。

何よりも、自分らしさを忘れず、オープンな気持ちでいることが大切です。新しい職場や転職先で少しでもスムーズに仕事が始められるように応援しています。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

職務経歴書をご提出ください

英文もしくは和文職務経歴書を添付し、以下フォームをご記入ください。合致する求人があった場合にのみ、担当コンサルタントより連絡いたします。

* 必須項目

ファイルを添付してください(英文履歴書可)*

当社は個人情報保護法及び関連ガイドラインに基づき、こちらに掲げるプライバシー・ポリシーを定め、個人情報の保護に努めます。

 

※うまく動作しない際には、お手数ですがcv@robertwalters.co.jp へ以下情報と共に職務経歴書または英文履歴書をご送付お願いします。

  • 氏名:
  • 現在の職種: 
  • 勤務している業界:
  • 希望雇用形態:(正社員、契約/派遣)
  • 希望勤務地:
bluegreen neon

面接ガイド 

»

履歴書の書き方 

»

まずはキャリア相談 

»

外資系・日系グローバル企業の最新求人