ロンドンオフィスから東京オフィスへ

ジョージア・ホワイティングは2015年、ロンドンオフィスから東京オフィスへの移動という新しいチャレンジに挑む決断しました。そんな彼女が、東京オフィスのカルチャーやインターナショナルな経験を持つメリット、そして活気あふれる街・東京での生活を語ります。

Q1. 日本に興味を持った理由は?

自分の居心地の良い場所から抜け出し、全く違う文化を持つ場所に移りたい、というとても強い気持ちがありました。日本はまさにぴったりの素晴らしい場所で、色々な物事、やることに溢れています。わが社のグループ内で最も売り上げの伸びているオフィスで働くことも、素晴らしい機会だと思いました。

Q2. 今回の移動に際し、会社からはどのようなサポートがありましたか?

本当に多くのサポートをしてもらいました。自分がどの分野で働きたいか、自分のスキルがどの分野で活かせるかを理解できるよう、事前に日本のチームにコンタクトを取らせてくれたほか、労働ビザからフライトの手配といった基本的なことも周到に準備をしてもらい、手続きはとてもスムーズでした。

Q3. 日本に住むなかで特に素晴らしいと感じることは?

とても温かく受け入れてくれる雰囲気があり、おそらく私が人生で訪れた中で最も美しい場所だとも思います。活気あるにぎやかな大都市東京や、古都京都、富士山や桜、寺院などなど、見るものもすることも本当に数多くあります。

自分の生まれ育った場所と全く違う文化の中にどっぷり浸かることは本当に素晴らしいことだと感じています。また、食事の素晴らしさも際立っています。日本は自分たちの仕事にとても誇りを持っています。そのため、どんなに安い飲食店でもクオリティの高い素材で本当に美味しい食事を提供してくれます。

Q4. 日本の人材紹介市場を教えてください

競争は激しいものの、人材紹介マーケットは、比較的未成熟なマーケットと言えると思います。求人量が安定しており、仕事をする上では大きな緩急がなく一定の仕事量が維持できます。企業はパートナー契約を結ぶことに前向きで、この点は私にとって人材紹介プロセスをよりやりがいのあるものにしてくれています。人材不足の売り手市場となっていることから成約報酬は高くなる傾向にあり、このため自分もより高い収入を得ることができます。

Q5. 東京オフィスでの仕事はどうですか?

日本のオフィスは結構ユニークな環境です。多くの外国人が働いており、世界中の国々からやってきた人々に囲まれて、とてもインターナショナルな職場となっています。また、東京オフィスでは英語が公用語となっているため、言葉の壁を心配する必要がないこともポイントです。とても社交的なオフィスで、同僚たちも非常にフレンドリーで気さくな人たちばかりです。色々と連れ出してくれるおかげで一緒に外出することも多く、毎週末は必ずみんなで飲みに出かけています。もしあなたが単身で引っ越してくるならば、即座に多くの友達ができるこの職場はすばらしい場所となると思います。

Q6. 海外で働きたいと思っている人へのアドバイスは?

正しい移転となるよう、事前のリサーチをしっかりすることです。ただ、自分のキャリアを磨きたければ、インターナショナルな経験を持つことは、必ず役に立つことだと思います。スキルアップのための素晴らしいステップだと思いますし、人間的な成長も促します。世界を見て、旅をするにも良い機会となるでしょう。

 

キャリアコンサルタントとして働いてみませんか?

外資系大手人材紹介会社、ロバート・ウォルターズの一員として働くことに、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。弊社求人情報はこちら

Tel: (03) 4570 1500
Email: lucy.crew@robertwalters.co.jp (日本語メール可)

採用担当:
Lucy Crew (ルーシー・クルー) 
Talent Acquisition Manager

弊社求人詳細

Read more »

最新求人